〈NJセレクト〉コーチングのプロが教える「ほめる」技術

著者 :
  • 日本実業出版社
3.98
  • (43)
  • (52)
  • (31)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 525
感想 : 45
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784534046215

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 具体例が多くわかりやすかった。

  • 色々なところで絶賛されていたのを見て読み始めた。
    古い本をこんなに絶賛されるのは非常に有意義な本なのだろうと思い読み始めたためか、物足りなく感じた。

    ①褒めることで相手は自分の意見を尊重し(安直な表現を使うなら)恩を返そうとしてくれる。それにより仕事がスムーズに進む。②褒め方は相手により様々で単純に褒める言葉を返す事で喜んでくれる人もいれば理由も含めて伝えなければダメな相手もいる。後者は正当な理由なく褒めると逆効果である。③リアルタイム、高頻度で伝える事が大切。

    忘れている事、認識できていない事への気づきとしては、必須のの内容だけれど、これ、『プロが教える』として書籍化するのは本業に差し支えるのではないかと気になってしまう。

    知りたいのは、この後に続くであろう、「エンゲージメントを高めた後、一次方程式の問題を解く人に九九を覚えてもらわなければいけない時、『今更そんな事、小学生ではないんだから』と言いつつ九九ができない人社会人に、九九を覚える気にさせる方法」。自分としては、求めていた内容がこの本には含まれていなかった残念さが混ざってしまう。

    • yoさん
      感想を書き終わって改めて考えた。何が物足りないのか?
      具体例を絞りすぎた結果、ケーススタディの章が少なくなりすぎてしまったのではないか。
      感想を書き終わって改めて考えた。何が物足りないのか?
      具体例を絞りすぎた結果、ケーススタディの章が少なくなりすぎてしまったのではないか。
      2019/01/04
    • yoさん
      入門書としての位置付けであり「より多くのケーススタディが知りたい場合は、『実践結果編』を参照せよという事であるなら、自分にも満足できるものだ...
      入門書としての位置付けであり「より多くのケーススタディが知りたい場合は、『実践結果編』を参照せよという事であるなら、自分にも満足できるものだったかもしれない。
      2019/01/04
  • 以前にも一度読んでいたが内容をかなり忘れてしまっていた。
    仕事に留まらず、人間関係全てに通ずる内容だと思う。定期的に読み返したい。
    特に、人がなぜアクノレッジメントを求めるのか、それがどれほど切実な思いなのかということは忘れないようにしたい。

    私は人を褒めること自体への抵抗は少ない人間だと思うので、あとは各人に合わせたアクノレッジメントができるようになれば良いと思う。

  • 参考図書

  • コーチングの本はこれ1冊で十分かな。

  • ほめることはアクノレッジメント(承認)のひとつ。無理していいところや成果を見つけてほめる必要はなくて、存在、行動、自分が感じたことを伝えることで承認になる。

    仕事に負担を感じて自分に余裕がなくなってしまい、子どもたちの存在や行動をしっかり受け取ってフィードバックする余裕がなくなってしまうことが嫌だったのを思い出しました。

    大切な存在だよ、いつもちゃんとみているよ、の気持ちを言葉でうまく伝えられない分、写真や動画、毎月の彼らの写真を使ったカレンダーなどで「承認」を伝えていたのかもしれないな…と思いました。

    でもやっぱり、言葉で伝える、面と向かってコミュニケーションする、そんなことこそが大切な気がする今日この頃です。

  • 「ほめる」技術、とありますが、
    実際はほめるだけではなく、
    ほめるを含めた
    アクノレッジメント、承認。

    世の中には、隙あらばアクノレッジメントをしようとする人間と、アクノレッジメントされたくて待っている人間と2種類しかいない。

    また、相手のタイプによって、アクノレッジメントのアプローチも変わってくるということで、身の回りの人を思い浮かべながらタイプ分けしてみると、簡単に分かりやすくタイプ分け出来たので、これからも実践的に活用ししたいと思った。

    職場や家族、人間関係を円滑にするために、コーチングを基にしたアクノレッジメントをこれからも実践しようと思いました。

  • アクノレッジメント=承認。褒める、もこの中に含まれる。褒めなくても承認すればよい。
    褒めることは技術。練習が必要。
    承認は、相手がどれだけ自分に影響を与えているか、を伝えること。
    部下と飲食をする場では、重要感を伝える。

    顧客には贈り物をする。本、記事、出張土産、絵葉書、など。わざわざ自分のために時間を使ってくれた、ことが価値がある。部下にも贈り物をする。
    相手に関心を持つ=どんなネクタイをしていたか、靴はどんな?髪型、など。まずはこれから。

    あいづちは、大げさに打つ。話す気にさせるあいづち。
    相手の言葉を繰り返す。リフレインは存在を承認すること。リフレインされると、味方と思いやすい。

    コントローラー=コントロールされたくない。過剰な誉め言葉より、周りを承認する。リーダーとしての力量を認める。出身校や家族など。周りに承認を与えるほうが効果的。織田信長タイプ。
    プロモーター=褒めるほど気に登る。感嘆符をつけてほめる。羽柴秀吉タイプ。
    サポーター=コツコツ努力するがアピールしてっこない。ある日突然辞表を出すような人。不満を貯めさせない。明智光秀タイプ。
    アナライザー=専門性に対する認知。間口の広い質問はしない。意味もなく褒めても効果はない。褒めるときは理由と具体性を褒める。相手のペースに配慮する。

    女性はさりげなく褒める。
    年上の部下は、相談することが承認になる。任せる。
    上司には、報連相、報連相、称賛、が承認になる。

    人が抱える大半の不満は、周りから大切にされていない、ところ。夫婦喧嘩のすべてはここからきている。自分から提供すること。感謝していることを真剣に伝える。

    アクノレッジメントは、生き方の問題。すきあらばアクノレッジメントしようとしている人と、されることを待っている人。

  • 他者の承認欲求を上手に満たし、円滑にコミュニケーションをとれる人間になるためのハウツー本。
    ビジネスマンに限らず、万人が活用できる一冊だと感じた。

    単にほめ言葉の例が羅列されているのではなく「こういうタイプにはこういう対応が響きやすい。なぜならこういう考え方をする傾向があるので」という形式で解説されるため納得できた。
    冒頭の章だけ妙に文体が軽く、合わないかもと思いかけたが断念しなくて正解だった。

  • 褒めるに代表されるアクナレッジメント=承認することについて書いた。人のタイプに合わせつつ言うべきことを伝わるように言ってきましょって感じの内容。普通だけどそうよねって確認しながら読めたのでこれはこれで。

全45件中 1 - 10件を表示

鈴木義幸の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×