メール文章力の基本 大切だけど、だれも教えてくれない77のルール

著者 :
  • 日本実業出版社
3.47
  • (19)
  • (67)
  • (83)
  • (14)
  • (2)
本棚登録 : 784
レビュー : 73
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784534047168

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【岡坂】76
    すごく良いメールテクニックがたくさん詰まってる。そして、読まないと一生思いつかないようなテクニック。読んだあとも、メール送る時にチラチラ辞書的に見ても良さそう。

    ーーーーー↓はがけん2014/10/29↓ーーーーー
    【概要】
     メールを作るうえで必要なことをまとめて書いている教科書的一品
    【評価】
     79点(今後メールを作成する人であれば、読むべき)
    【共有したい内容】
     ・メールは24時間以内に返す
     ・1行25文字
    【悪いところ】
     特になし。
    【どういう時に役に立つか】
     メールを作るとき
    【自由記述】
    章ごとにセンテンスをまとめられているので、読んだ後に確認するのにも便利。
    辞書的な一品。

  • メールの書き方の基礎から少し発展した内容まで。

    77のルールが1〜2ページずつまとめられており、そのほとんどに実用的な例文が載せてあるので、感覚的にわかりやすい!

    読了時間:1時間

    新卒や学生の皆さんには、ぜひ早い段階で読んでもらいたい一冊。安心してお仕事を任せられます。

  • 社会人1年目や、初めて目上の人にメールを書く学生なら目を通してもいいかもしれない。
    既に何年かメール経験を積んでいる人には、振り返りに使えるかも、程度。

  • ◆理由
    外部とのやり取りをメールで行う機会が増え、単純な連絡だけでなく期日の調整や案件の追加に関する依頼など特に気遣いが必要な機会が増えたため

    ◆気付き
    ・質問メールに対して当日中に回答はできなくてもメールを確認した旨は相手に伝える気遣い
    ・メールのやり取りが冗長にならないよう1回半でメールが完了するような言い回しにするような伝え方

    ◆アクション
    ・「させていただきます」表記は「いたします」表記に変える。
    ・最も伝えたいことは一文にまとめ、明確に伝える。
     可能であれば理由もその後に一文加える。

  • 分かりやすいフレーズが揃っていて、使えそうなものばかりでした。例えば「取り急ぎ」を「まずはお礼かたがたご報告申し上げます。」と書き換えているフレーズは、今後使っていきたいと思いました。
    慣れるまでは1ヶ月ごとに読み直して、自分のものにしていきたいと思います。今回はKindleで読みましたが、次回からは紙でマーカーしながら辞書的に読もうと思います。

  • 最近メールがぎこちない気がしてきて、丁度目に留まって購入。以下の内容が気づき。

    ・『いただく』の目上の依頼を目下の者がという意識が
    抜けてること『くださる』が適当
    ・『させていただく』は『いたす』に直す
    ・『お忙しい中』ではなく、『ご多用のところ』が良い

  • 非常に実用的。

  • メールを書くための基本的な77のルールを書いた本です。
    例文が多く分かりやすい。付録のひな型集、フレーズ集も使えそう

  • 仕事で上司から、相手にメール出しといて~と指示されたとき、
    初めてやりとりする相手に対して、パッとふさわしい文章が出てこなかったのが悔しく、
    何かでこの本が紹介されていたので、ビジネスマナーの復習のつもりで手に取った。

    致命的な間違いは無かったけど、相手にわかりやすく送るときの具体例が良かった。
    1回半でメールが完了するような言い回しにするというのは、簡単なことだけど大事だ。

    あちこちから返信がきて、ReReReがすごいことになることがあるが、確かに、
    どうでしょうか?
    とか
    どのようにするのがよろしいでしょうか?
    など、曖昧な確認の仕方のときにそうなる気がする。

    ちょっと意識してやり取りしてみよう✨

  • 270621

全73件中 1 - 10件を表示

藤田英時の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
チップ・ハース
デイル ドーテン
有効な右矢印 無効な右矢印

メール文章力の基本 大切だけど、だれも教えてくれない77のルールを本棚に登録しているひと

ツイートする
×