グロービッシュ実践勉強法

著者 :
  • 日本実業出版社
3.22
  • (1)
  • (6)
  • (14)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 65
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784534048554

作品紹介・あらすじ

ビジネスパーソンにとって、英語はあくまでも「ツール」です。「勉強」は早く終えて、自分の「専門性」を高めることに時間をかけましょう。あとは、「現場」でどんどん試すだけです。日産自動車で、カルロス・ゴーン氏のアドバイザーを務めた著者が、"使える英語の習得法"を紹介。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • グロービッシュはとても優れた英語学習法ですね。

    ただしグロービッシュの弱点はリーディングとリスニング。

    この二つはグロービッシュではどうにもならない。

    まずはスピーキングとライティングという方でしたらグロービッシュは良いですね。

  • 2014/9/21図書館から借りてきた。
    ビジネスで必要な「最小限の英語」が身につく。
    大体の方法は分かった。後は実践のみか。

  • 基本

  • グローバルのビジネスをしていく上で、コミュニケーションするために必要な最低限の英語を体得する方法を紹介している本。
    筆者の体験談を元に書かれており、とても分かり易いです。
    英語に対する苦手意識が軽減されて、気持ちが軽くなると思います。

  • 「最小限の英語でコミュニケーションをするGlobishの実践例」
    非ネイティブのための英語コミュニケーション法がGlobish。興味があって手にした。
    英語の学習法はもとより、いかにシンプルに、使えるスキルを生かしてコミュニケーションを取るか。その点で学ぶ所は大きい。

    これから英語が使えるようになりたい!と思う方には、一つの学習方法として、一読してみても悪くない。

    結局のところ、大事なのは英語(言葉)でなくて、伝える気持ちと言葉以外の方法をいかに有効に使うか…がやっぱり大事なんだね。

  • 素晴らしい本ではないけど、この通りにやれば、確かにグロービッシュはできるようになるような気はする。

  • 「グロービッシュ」という言葉は知っていたが、どんなものかを知りたくて
    本書を読んだ。

    定義としては
    フランス人のシャン=ポール・ネリエール氏が提唱する
    ”非ネイティブのための英語”のこと。

    グロービッシュのルールとしては5つ。
    ルール1:1500の基本単語とその派生語だけを使う
    ルール2:基本構文を使う
     ・なるべく能動態を使う
     ・6つの時制(現在形、現在進行形、過去形、過去進行形、未来形、
      未来進行形)
    ルール3:1文はなるべく15単語以内
    ルール4:発音は完ぺきでなくてもいい
    ルール5:ユーモアや比喩は使わない

    グロービッシュは非ネイティブの開き直りともいえる。

    要は英語はエクセル同様、道具と割り切り、それよりももっと大切な
    自分の専門性を高めることに時間をかけましょう!ということ。
    以前は英語ネイティブになることを目指して英語学習をがんばっていた
    が、そこに時間をかけなくてもよいと言っています。

    この本に書かれている程度の英語力でも通用するなら
    自分にもできるかも(?)と思わせてくれます。

    コミュニケーションは「総合格闘技」。
    メール、メモ、図解、ボディランゲージなど言葉(英語)だけでなく
    使えるものはすべて駆使して、どれだけ相手に自分の意向を伝え
    られるかという視点が大事ってことみたいです。

  • なるほど、減らす、限定するスタイルを英語に。
    英語が必須で生きてきた著者のアドバイスはシンプルで説得力がある。

    しかし、語学使用を含めた経験知を学習するのは、並大抵のことではない。
    本書は、独学のスタイルが身についてない人には厳しいだろう。
    あくまできっかけという位置づけで。

    ほんのちょびっと出てくる、著者が使っている実際の英語がすごい役に立つ。
    フォーマットは目から鱗だった。

  • 今は必要なかった

全12件中 1 - 10件を表示

プロフィール

小樽商科大学准教授
慶應義塾大学商学部卒。米ピッツバーグ大学経営大学院MBA。
1996年、アクセンチュア入社。2001年、日産自動車入社。財務部、IR部を経て、2009年に独立し、インサイトフィナンシャル株式会社設立、代表取締役就任。2015年4月より、小樽商科大学准教授。
著書に『ROEが奪う競争力』『まだ「ファイナンス理論」を使いますか?』(日本経済新聞出版社)、『グロービッシュ実践勉強法』(日本実業出版社)。

手島直樹の作品

グロービッシュ実践勉強法を本棚に登録しているひと

ツイートする