ギリギリまで動けない君の背中を押す言葉

著者 :
  • 日本実業出版社
3.67
  • (27)
  • (44)
  • (45)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 453
レビュー : 44
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784534048950

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「成功したいなら都会に限る。」
    「都会ではその道のプロとしてやっていけるか否かの結論を一瞬で出してもらえる」

    この作品で一番グサっときた言葉。
    同時に、やっぱりそうだったんだ、とタイトル通り背中を押された気がした。
    瞬時に、都会への進出を5年以内に計画立てている自分と、そして必要なものは何かを頭ではじき出している私がいた。

  • At that time, I was frustrated with the lack of a title.
    It was miserable to attend the executive meeting without a title.

    Only those who have received humiliation is praised.
    I made my best at work with the words in mind.

  • 尊敬する千田氏が、タイトルの通りギリギリまで動けない人の背中を押してくれる101個の厳しくも優しい言葉を挑戦、決断、行動などの項目についてまとめている一冊。初めてこの本を手に取ったのが3年前であったが、その時の衝撃はすさまじいもので、その日から読書家へと変貌させてくれた。自分に成長のきっかけを与えてくれたかけがえのない一冊である。

    久しぶりに読んでみると、衝撃を受けた言葉は当たり前だと感じるようになった一方、以前はアンテナにかからなかった新たな発見が必ずあるところが大変面白い。

    最も印象に残った言葉は、
    「凹みから回復した部分は前よりも強くなっている」

  • 「2011年 私のオススメの1冊」

    所蔵なし

  • 一部何を伝えたいのかわからない項目があった。
    もう読まないだろう。

  • たくさんの言葉で背中を押してもらった気がした。 現状に合わせた言葉が沢山あって、共感しながら読むことができました。 自分自身の今の現状から抜け出したいと思っていたので、そっと背中を押してもらった気がします。 感じ方は人それぞれなので、共感できないものもあるかもしれませんが、わたしは一つひとつ納得しながら読みました。 特に20代くらいの若い方は共感しやすいのではないかと思います。

  • 苦しい時に何度も勇気付けられた。

  • ●成功する人はベストコンディションを待たない。何もせずにベストコンディションを待つのは、単に臆病者だから。本気の人は、中途半端なところから始められる。

    ●負け試合を最後まできちんと戦える人が、次代を創る。「勝てっこない」と笑われるような試合でも真剣勝負で臨んでいると、笑っている連中をごぼう抜きにできる。他負け試合を真剣に戦っている人を、実力者は決して見逃さない。見ている人は見ている。

    ●前例がないほうが、失敗しても許される。今も昔もサラリーマン社会では「前例がない」ことを酷く恐れる。ところが業界のベストセラーは、すべて「前例がない」ことへの挑戦によって生まれた。

    ●過剰な納得感を求める人は、動くのを怖がっている人。納得感なんて人から与えられるものではない。自ら納得しようという強烈な姿勢があって、実際にチャレンジした後に初めて「なるほど」と、納得できるものなのだ。

    ●二番目に好きな人の正解よりも、一番好きな人の不正解。正しいか否かよりも、好かれているか否かが大切なのだ。嫌いな人の正解よりも、好きな人の不正解に乗っかることが人生の幸せなのだ。これは、その決断が重要であればあるほど当てはまる。

    ●「ほとんど」と「すべて」の差は、1億倍。「ほとんど終わりました」「ほとんどがやっています」というセリフは決してプロが使う言葉ではない。

    ●先に周囲に成功してもらうほうが、楽チン。凡人たちは足を引っ張り合っているが、成功者たちは周囲を先に成功させたがる。

    ●がんばった人ではなく、楽しんだ人が幸せになれる。自分で自分のことを「がんばっている」と思っている人たちは傲慢な人が多い。「こんなに自分は嫌いなことを我慢してがんばっているのだから、あなたも我慢しなさい」と間違った方向へ走ってしまう。自分は心底幸せに楽しんでいるだけなのに周囲から見たらまるで「がんばっている」ように見えるのが正しいがんばり方なのだ。

    ●最初に転ぶのは、謙虚になるための神様からのプレゼント。最終的に成功する人は、最初に痛い目に遭っている人が多い。

    ●過小評価され続けた人が、将来のし上がってくる。抜群に仕事ができたのに脱サラして世間の脚光を浴びている人は、サラリーマン時代には凡人たちから過小評価され続けていた人だ。

    ●やりたくないことを毎日必死でやり続けていると、ある非突然爆発する。爆発した後にふとあなたの頭をよぎったものが、やりたいことなのだ。好きなことを見つけるためには、嫌いなことをとことんやり尽くしておくことだ。

    ●成功のコツは別れるべき人と別れること。世の中には成功する人たちとそうでない人たちが、綺麗に棲み分けされて成り立っている。成功できない人たちのグループは、いつも群がって噂話をしているからすぐにわかる。このグループから抜け出すことが、成功へのスタートだ。

    ●周囲の人間関係は100%あなたの鏡だ。3ヶ月前のあなたの態度が、現在の世間のあなたへの態度。原因を外にではなく、内に求めてみると、一瞬で解決することは多い。

    ●「ごめんなさい」を口にするスピードと、成功のスピードは正比例する。先に謝れる人から先に出世していく。

    ●もし、今の延長線上にあなたが目指す大成功がないと気づいたとしよう。最初にやることはこれから10年間、今までの人間関係をすべて断ち切ると決断することだ。

    ●群れると無能になる。孤立すると経験が人を有能にさせる。サラリーマンがなぜ貧乏かといえば、群がっているからだ。サラリーマンだから貧乏なのではなく、群がっているから貧乏なのだ。

    ●量で認められようと言いたいのではない。量をこなすのは、謙虚になるため。

    ●高級ホテルに通うと、幸せ菌に感染できる。積極的に優雅な空間に身を置く機会を増やせば、あなたのビヘイビアも優雅になり、ゆとりを持てるようになる。

    ●あなたの人生を、フェルメールの絵のように光を際出せるためには、影をきちんと描かなければならない。屈辱を正面から受け止めた人だけが、真の称賛を浴びることができる。

    ●過去は変えられないが、過去の事実の解釈を変えることはできる。多くの成功者たちの人生は、決して順風満帆ではなかったというのは周知の事実だ。だが、その後圧倒的な実績を残してしまえば、過去の事実の解釈はすべて美談となる。過去は未来によって上書きすることができるのだ。

    ●どんなに大きな悩み事でも、すでに誰かが経験している。過去の先達から知恵を拝借しながら、自分もほんの一行だけ知恵を付加していく。それが人生だ。

  • 少しだsけ負け続けた人が最後に主導権を握る。
    実践してみると学問の本当の価値がわかる。
    現状維持をするためには猛烈な努力が必要。
    圧倒的な仕事量をこなした人が将来大物になる。
    スタートが早い。
    過去の栄光を手放すとその20倍の栄光がやってくる。
    エリートコースから外れると王様コースが待っている。
    頑張った人ではなく楽しんだ人が幸せになれる。
    過小評価され続けた人が将来のし上がっていく。
    人脈を作るものでなく、勝手にできるもの。人脈の前に実力をつけるのが先。
    自分には守るものがあるなんていうのは大統領になってからいう。
    量をこなし続ければ謙虚になる。
    権力は必ず滅びるが、学問は永続する。

  • いつもの千田本と同じスタイル。
    気になった言葉を全て書き出せば切りがない。
    さらっと読める熱い言葉ばかりなので、自分を常に前向きに修正するために、千田本は良く読みます。

  • 参考になった

  • 勇気が出ました。

  • 凡人グループで叩かれて孤立している俺の背中を叩いて励ましてくれるためにかかれたんじゃないかという本。
    安心した。

  • 最近いろいろ迷いがあるので、胸にグサグサときた。
    読みやすく、わかりやすい。

  • 100個ほどの言葉が並んでいて、本当に刺さってくるのは3つくらいだけど、ふっと心が軽くなる言葉、逆にピリッと引き締まる言葉など、読んでいて心地よい一冊。

    ・成功する人はベストコンディションを待たない。最初のスタートが猛烈に速い。すぐにスタートする。
    ・前例がない方が失敗しても許される
    ・過剰な納得感を求める人は動くのを怖がっている人。納得感なんて人から与えられるものではない。自ら納得しようという強烈な姿勢があって、実際にチャレンジした後に初めて「なるほど」と納得できる
    ・「はじめの一歩」をいかに早く経験できるかで人生は決まる
    ・吉報の配達人になると人生が豊かになる
    ・毎日好きなことをやっている人に、朝が弱い人はいない
    ・この世の最高の復讐は、自分が大成功して無関心になること
    ・世間体を捨てると、嘘のように人生が楽になる。「世間」の正体はたったの数十人。どうってことはない。

  • 今日のなるほど
    圧倒的「仕事量」で周囲を驚かせた人が、将来大物になる。
    とことん凹んだら、美味しいものを食べて泥のように眠る。
    出不精の方が、成功する。自分磨きの時間を捻出する!
    想定外と書いて、「大発見」と読む!
    愚痴を貯金して、知恵として爆発させると年収が増える。
     愚痴を知恵に両替して、人とお金を集める。
    カチン!を知恵に変換する力が、その人の知性。
    仕事が速い人ではなく、早くスタートする人が成功する!
    やりたくないことを毎日やっていると、やりたいことが見つかる!
    感じの悪い人にも、会釈だけはしておく!
    自分のためにのびのびと働いていると、子供が幸せになる!
    高級ホテルに通うと、幸せ菌に感染できる!
    頭の中のゴチャゴチャを紙に書くと、3つ以内に落ち着く。

  • 「人脈が豊富な人ほど、一人で行動している」。まずは、一人で充実感や目標を抱ける人間になることだ。

  • http://kashiwabaray.com/blog/index.php?itemid=228
    千田さんらしいマインドを高めてくれる1冊。「ほとんど」と「すべて」の差は、一億倍。あいまいな言葉とは今日でサヨナラしよう。

  • ギリギリまで動けない人の背中を押す言葉が
    見開き2ページに1つずつ書かれています。

    この人の本には、この手のスタイルが多いですね。
    詳しくは分かりまえんが、こういう構成を決めるのは、
    著者でなく出版社の編集者の人が考えるんですよね。このスタイルで、そこそこ本日部数が出ているという証拠でしょうか?最近の世の中の傾向である、法津本とある意味では、似ているところもあると思います。
    いい言葉は、いくつかありました。

    私のような年配者でも、ぐずぐずして決めれないことはたくさんあります。
    「運の悪い人の特徴は、モタモタしていること」
    その通りですね。

    「100匹の羊の賛同より、一匹のライオンの目にとまること」
    会社や世の中で、成功する人の特徴のような気もします。
    最近は、羊の仲間が多い方がいいという人が増えているのかな?

    こういった本は、本棚の端っこの置いておいて、
    何かの時に、ふと手に取ってページをめくってみて、
    「はっと」する言葉に再会するというのが、良いような気がします。

全44件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

愛知県出身、東北大教育学部卒。日系保険会社、大手コンサルティング会社を経て独立。のべ3300人のエグゼクティブ、1万人を超えるビジネスマンと対話の経験を活かし、執筆・講演・コンサルティング等で活動中。

「2019年 『いつまでも変われないのは、あなたが自分の「無知」を認めないからだ。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ギリギリまで動けない君の背中を押す言葉のその他の作品

千田琢哉の作品

ギリギリまで動けない君の背中を押す言葉を本棚に登録しているひと

ツイートする