「少人数で儲かる経理」はこうつくる

著者 :
  • 日本実業出版社
3.30
  • (1)
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784534049612

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • p47マルチディスプレイ
    p71作業単位の分解
    p77パートタイム
    p103業務フロー

  • この本を読んで、自分もダブルディスプレイにしました。確かに効率が上がったし、机周りが整理できて、いいことが多かった。
    経理は、今後、コンピュータやアウトソーシングで可能な仕事はマニュアル化・定型化して直接作業は手放し、分析したり考えたり、現場を支援する情報作成・発信・コンサルタントに接し、間接的にお金を稼ぐ力となる、攻めの力を持つべきだという発想は、自分のこれまでの経理職に対する、言葉にできないジレンマを全て代弁してくれていて、非常に勇気が出ました。
    経理は生産的な活動はできず、ただ粛々と過去の情報をとりまとめ、お役所的な監査法人の相手し、文章の「てにをは」で深夜まで議論を続ける、自己満足集団だと思っていたけど、そうではなく、ちゃんと従業員や会社や社会に役立てる存在になれるのだと感じ、仕事を頑張る土台にできる一冊でした。
    まだまだ社内では「経理は無駄飯喰らい」という意識が強いですが、一部の人たちは、色々な情報交換や、要求をしてきてくれている。そういう人たちの力となり、本業で稼ぐ後方支援ができるよう、毎日少しでも改善と提案をしていきたいです。自分の常識や前例にとらわれずに。

全2件中 1 - 2件を表示

児玉尚彦の作品

ツイートする