データ・統計分析ができる本

著者 :
  • 日本実業出版社
3.75
  • (42)
  • (70)
  • (53)
  • (9)
  • (5)
本棚登録 : 994
レビュー : 87
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784534050724

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ●物語仕立てに、仕事で使える統計分析の仕方をわかりやすく解説している。「回帰分析や標準偏差って何?」という人でも読めると思う。

  • ■理由
    根拠が主観になっていて弱いと言われるから


    ■気づき
    仮説のもとになるデータがなんなのか考える
    それがわかったらデータを集める


    ■アクション
    分析の大枠のやり方
    売上とそれを構成する要素から仮説を立てる。

    仮説の理由を洗い出す。

    理由がどんな数値に裏付けられているか考える。

    裏付けられているか数値を集める。

    整理する。

    結論を出す。

  • ◆理由
    分析をアウトプットする上で、説得力をもたせる資料を作りたかったため

    ◆気付き
    ・偏差を用いたリスク・予測のぶれの出し方
    ・必要な予算を想定するための単回帰分析の利用法

    ◆アクション
     直近の分析で、この本で学んだ分析手法で応用できる内容を模倣する。

  • 【理由】
    分析の質を上げたいと思ったので

    【まとめ】
    いくつかの分析手法と分析をする上でのデータの見方の注意点がまとめられていた。

    【アクション】
    ・分析の際に見る期間によって見え方が大きく変わるという点に注意して、本当に正しいデータなのかをチェックする。
    ・分析結果を共有する際は正しいただ結果を見せるのではなく、そのデータから相手に何を知ってほしいのか、相手にどうしてほしいのかを明確にして伝える。

    ・相関分析と単回帰分析を使う場面が出てきたら改めて読み直す。

  • 1.ただやみくもに営業するのではなく、データを取って分析し、それを基に営業できれば理想だと思い購入しました。

    2.仕事で使われるの大半は単回帰分析と呼ばれるものです。そのため、本書は難しい統計は一切出さないことを前提に、平均・中央値・標準偏差・ヒストグラム・相関分析・単回帰分析だけが章立てしてあります。また、基本となる、データの集めるにあたっての準備や見せ方などといった初心者向けに書かれています。

    3.卒論でやったことを思い出した気分でした。大学時代に学んだことが社会人になっても生きるのはすごく嬉しいと思いました。この本にはEXCELではこのように使うなどと書いてありますので読むだけでなく、実践もできるので基礎を身につけるには良い本だと思いました。

  • これまで統計分析もどきの数字を使った仕事をいくつかやってきたが、どれもいい加減、虚仮威しな感じが否めない。100%の正解は無いとしても、及第点だったかどうか? 多少の用語には慣れていたものの、ちゃんと理解している訳ではなかった。これまで、なんとか自分で消化して頭の中に入れようとこの手の本に挑戦してきたものの、いずれも撃沈されていた気がする。ほぼ全てが苦手の数学に足を取られてしまい前進出来なくなったり、読み切ったとしても上っ面になっていまうのだった。そして、ようやく出会ったのがこの本。リアル感を出すための商社を舞台にしたストーリーは、逆に絵空事丸出しに思えるが、統計・分析のことを順序立てて理解するには、良いガイド役。とにかく、シンプルな説明、易しい言葉遣い、明確な筋立て、お陰で何の戸惑いもなく頭に入ってくる良書。

  • データ分析の仕事をする時に勧められた一冊です。 紹介している技術や分析手法は非常に簡単ながら、注意すべきポイントを端的に示してくれているので、非常に勉強になりました。本当にこれからデータ分析のお仕事をするぞという方向けのようです。 この本を参考に分析を進めていきたいと思います!

  • Excelを使った統計のやり方の初歩。わかりやすいし、会社でも営業とかの人には向いていると思う。

  • データはあるのに活かせていない現状打破のため購入。
    載っているそのままが業務には当てはまらない部分はあるものの、その足がかりにはなりそうだった。
    手法としては基本的なものなのだろうが、それすらも今はできていないなぁと思った。
    全体的に分かりやすい。同僚にも読ませたい1冊。

全87件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

データ&ストーリー LLC代表。多摩大学大学院客員教授。1972年、神奈川県生まれ。慶応義塾大学理工学部卒業後、日立製作所入社。在職中に欧米両方のビジネススクールにて学び、2003年MBAを取得。Academic Award受賞。2004年日産自動車へ転職。海外マーケティング&セールス部門、ビジネス改革グループマネージャ等を経て現職。グローバル組織の中で、数々の経営課題の解決、ビジネス改革プロジェクトのパイロットを務める。

「2017年 『上司からYESを引き出す! 「即決される」資料作成術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

データ・統計分析ができる本のその他の作品

柏木吉基の作品

データ・統計分析ができる本を本棚に登録しているひと

ツイートする