海外ETFとREITで始めるインカムゲイン投資の教科書

著者 :
  • 日本実業出版社
3.53
  • (4)
  • (16)
  • (17)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 133
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784534052179

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 長期投資をする上で必要な知識は、世界経済の流れと投資商品の仕組みであるとし、サブプライムローン問題とアベノミクスを中心に、今後の世界経済がどのように推移すると思われているのかを解説した上で、債権,リート,ETFなど金融商品の仕組みを紹介し、購入を推奨している本。日本の証券(株式、債権、ETF、リート)だけではなく、世界中の投資商品が購入対象となり得る為、為替の変動についても軽く触れられている。
    とても分かりやすい言葉で書かれていて、投資の初心者を通り越したあたりの人たちをターゲットに書かれていると思います。

  • 株価大暴落中の昨今にぴったりな「買ってはいけない金融商品」図鑑です。

    海外REITとか外貨投資とかを、仕組みからがっつり解説した上で、「ああ、やっぱり買ってはいけないんだな」と納得させてくれる一冊です。
    「よくわからない商品を買ってはいけない」というバフェット氏の教えに忠実。
    欲を言えば、逆にもうちょっと買っていい(具体的な)金融商品とかを推してほしいところ。
    来年から頑張ろう。

  • ●ETFやREITというものがどういった金融商品なのか知りたくて読んだ。投資初心者でも分かりやすい内容だったように思う。

  • インカムゲイン投資

  • キャピタルゲインは偶然や運の要素が大きい。

    しかし、インカムゲインで儲けるのも、
    偶然や運の要素も絡んでいたので、
    びっくり。

    いいものは、笑、ないんじゃないかな?

  • 「ETF とか買ってインカムゲインで生活していく」という
    内容の本かと思ったけど、そういう内容もあるにはあっても
    あんまりメインというわけでもなかった。
    むしろ、「この投資は、こういったセールスポイントで
    売ってるかもしれませんが、こういうカラクリで
    なりたっている商品ですよ」という視点が多くて、
    どういう商品をかってはいけないか、という勉強になった。
    特にFXで儲けようと思うのは、とても大変だと分かった。
    タイトルと内容は違うけど、とても勉強になる本だった。

  • 新興国の高利回り国債 EMB
    米有名企業の高格付け社債 LQD
    アメリカのREAT VNQ
    アメリカのシングルテナントビル ARCP=ファンドの規模を活かした投資
    日本の海外リート保有のファンドはタコ足配当もある

    CDO(債券の劣後部分を引き受ける)=サブプライムの引き金
    CLO(法人向けローンの劣後部分)
    CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)

    オフショア積立は手数料の塊

    FXのスワップは翌日ものをベースにした低金利。スワップ狙いなら債券にレパレッジをかけたほうがいい。

    為替リスクを避けるなら、外貨の借り入れによる投資。

    FX会社のスワップ狩り。出金できないリスク。

    銀行の外貨預金は為替手数料が大きいので多少金利キャンペーンがあっても不利。

    J-REATに投資するなら、その全体の不動産が買いかどうか、を見る。
    NAV(net asset value)を比べる。
    NOI利回りを見る。

    SBI証券や楽天証券で投資できるか
    海外証券口座 インタラクティブプローカーズ証券

    日次ボラティリティに15.81(ルート250)を掛けたものをヒストリカルボラティリティとよんでいる=年間換算したもの

    ハイイールド債、REATなどで利回りを稼ぐほうが安定している。

  • この本に書かれている考え方を丁寧に理解しマスターすれば今後賢い選択をすることができそう。

  • 大変参考になった。金融特に、海外ETF投資や金融商品の説明はわかりやすい

  • 途中

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

玉川 陽介(タマガワ ヨウスケ)
コアプラス・アンド・アーキテクチャーズ株式会社代表取締役
1978年、神奈川県生まれ。学習院大学卒業。コアプラス・アンド・アーキテクチャーズ株式会社代表取締役。
大学在学中に統計データ処理受託の会社を設立。同社を毎年増収増益で成長させ、2006年にM&Aで上場会社に売却。その資金で本格的に不動産投資を始める。
現在は、都心を中心に多数の投資物件を保有し、宅建業者として売買仲介も手がける傍ら、『週刊ダイヤモンド』など経済誌への記事執筆も行っている。
著書に『手持ち200万円から始める! 低リスク・高利回りの不動産投資』『勝者1%の超富裕層に学ぶ「海外投資」7つの方法』(共にぱる出版)がある。


「2013年 『不動産投資 1年目の教科書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

海外ETFとREITで始めるインカムゲイン投資の教科書のその他の作品

玉川陽介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
デール カーネギ...
リンダ グラット...
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

海外ETFとREITで始めるインカムゲイン投資の教科書を本棚に登録しているひと

ツイートする