Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]

  • 日本実業出版社
3.95
  • (19)
  • (29)
  • (14)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 407
感想 : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784534056443

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • こういう稼ぎ方がある事を知った。友人がオススメしていて借りた。(友人はAdSenseで収入を得ている)
    リスクは全く無いが基本サイト運営やブログを定期的に書いている人向けの様に感じた。
    オンリーワンを目指す人向け。
    指南書としてはいいのではと思うが私には向いていないという感想。

  • Googleアドセンス収益化の方法が書かれていた。印象に残ったのは①アドセンスは、莫大なアクセスを集めなければ大きく稼ぐことは出来ない②アクセス数はテーマ選びで9割決まる。10年先も生き残るためには、放置してアクセスが集まるテーマ選びが重要③記事タイトルは、検索ワードと関連語を組み合わせる④言葉や文章にはその人の気持ちが宿っている。悩みながら記事を書くと、気づかぬうちにユーザーが不安になる内容になる⑤記事を書くのは、人の喜ぶ顔が見たいから?お金を稼ぎたいから?あなたの書く記事に、あなたの思いが表れている

  • 2018年11月初版

    ★アクセス数は「テーマ選び」で9割決まる。
    ①流行り廃りのないテーマ
    ②トレンド系はアドセンスには向かない
    ③時代によって変化しないテーマ
    ④衣食住でライフラインに関係するテーマ
    ⑤ユーザのキャパシティが多いテーマ
    ⑥広告をクリックしやすいユーザ層が集まるテーマを選ぶ
    ⑦適度なボリュームで収まるテーマを選ぶ
    ⑧ライバルが少ないテーマを選ぶ
    ⑨運営者ではなくサイトそのものが評価されるテーマ
    ⑩大きな市場のテーマを選ぶ

  • 私のサイトやブログは今、GoogleAdsenseの広告を貼っています。 貼り始めてけっこう長く、一時は「おおっ」な時もあったのですが今は・・・(涙)

    これまでさまざまなブログ論やアフィリエイトに関連したブログ運営の本を読んできましたが、これまでの本とは違う視点でノウハウが書かれているのでかなり勉強になりました。

    細かいことを言えばたくさんありすぎるのですが、結局ズバッと言えば
    ・記事一つ一つの質が求められているということ
    ・良質な記事への導線を確保すること
    ・ユーザーが必要としている情報を誰が見てもわかるように用意してあげること

    これが大事、と言うことを再確認させていただけました。

    あと、「金融の広告を表示させるなら、そのものずばり金融のサイトを作るんではなくて、あえてアフィリエイト広告のない社会保障制度のサイトをつくるのも方法」には目からうろこでした。

    アドセンスの場合はある程度レッドオーシャンでないとアクセスが取れないけれど、その中でいかにブルーオーシャンになっているところを探すのかがポイントになりますよね。文章としてはほんの少しだった話ですが、ブルーオーシャンを探すポイントを考えるうえでヒントになりました。

    Chapter1~3はこんなふうにサイト構造の見直しの大切さを確認しました。
    読み進めるのが難しかったけど、読めて助かったのがChapter4のAdsense運用方法。Googleのサイトを読んでも微妙にわからなかったので、助かりました。

    そしてChapter5はa-kiさんのKindle本の内容を復習し、さらに発展させた形の内容。ここに書かれている内容と、以前何気にa-kiさんがサイト作りについてつぶやいた内容をきっかけに今1本、サイト作り進行させています。
    あぁ、もっとがっつりサイトいじれる時間が欲しい。
    (最大の敵は寝落ちですが・・・)

  • アフィリエイトで行き詰まりを感じている自分にとって一筋の光明になりそう。まずは書いてあることを地道に実行することから始めたい。

  • アフィリエイトではなく、AsSenseでブログをやっていこうという方向けの教本で、たくさんの方がおすすめしていたので、読んでみました。ブログを始めたばかりで悩んでいたので、この本に出会えてよかったです。
    ブログに対する考え方が全然違っていることに気がつきました。

  • 最近、自身のブログサイトを立ち上げ、Google Adsenseの申請をしたのですが無事、申請が通りました。立ち上げたばかりなので残念ながら「マネタイズ」する事が全く出来ていないのですが、この本を参考にして読者にとって有益な情報の発信、Googleに理解されやすいサイト構成、効果の検証等を徹底し、少しでも成果を上げられればと思ってます。

  • へー

  • ブログに関する本を今まで20冊近く読んできたけど、一番いい本だった
    内容は発展的で中級者以上向け

  •  

全26件中 1 - 10件を表示

a-kiの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
メンタリストDa...
佐々木 圭一
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×