説明0秒! 一発OK! 驚異の「紙1枚! 」プレゼン

著者 :
  • 日本実業出版社
3.74
  • (18)
  • (27)
  • (17)
  • (5)
  • (3)
本棚登録 : 412
感想 : 41
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784534057754

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 具体的な方法が示されており、非常に参考になる本でした。思考整理の方法、思考整理した内容を資料化する方法が記述されています。それぞれ本当に簡単な手順で実行できるため、実際にやってみても短い時間で思考整理、資料作成ができました。どの世代、どのような職種の人にもおすすめです。

  • ☆読み終えた感想を一言
    これからは考え抜く力を磨く事が必須である。
    ☆何故、この本を読んだか?
    ①仕事上で人に伝える事が苦手で改善したいから。
    ②出来るなら話さなくても仕事を成立させたいから。 
    ③ビジネス上の意思疎通法の変化に対応する為。
    ☆読んでみて何を学んだか?
    ①考え抜く事=思考整理を繰り返す事。
    ②話すより見せて伝える方が良い事。
    ③伝わるかどうか=信頼を得る言動の積み重ね。
    ☆今後、やっていく事は何か?
    ①書籍に示されていた思考整理法の実践。
    ②短文で話す。指差し説明の実践。
    ③自分の話を録音、聞き直し。

    具体的な行動レベルとして出来る事が丁寧に書かれてます。リモートワーク化の流れが加速した事に不安を感じでました。しかし、読み終えてやる事が見え前向きになりました。是非、読んでみて!

  • この本では「考え抜き、思考を整理し、紙1枚で説明することの具体」を伝えている。
    根底にあるのは考え抜くことの必要性で、そのためのきっかけ(フレーム)を提示しており、それを何回も繰り返す気構えが大切である。加えてこれらをフォーマットを用いて整理するやり方を伝えている。

    その他の学び
    アウトプットの順番 what → why → how
    思考の順番     why → what → how

  • プレゼン方法の本かと思って読み始めましたが、あらゆる仕事に活用できる思考整理の方法を丁寧に説明している本でした。説明内容もさる事ながら直ぐに実践に移せるレベルの解説が繰り返されていて、著者が読者の役に立って欲しいという思いが伝わる内容でした。先日実際に実線してみて日頃の悩みを整理して解決への糸口が見えた気がして頭がスッキリする経験を得ました。今後も復読して大切にしたい一冊だと思いました。

  • 200416
    ◆読んだ目的
    「思考整理の本質を知りたい」

    ◆ひと言でまとめると
    「繰り返し考え抜く」

    ◆どういう事か?
    ①考え抜くとは、思考整理を繰り返す事
    ②思考整理とは、情報を整理し、考えをまとめる事
    ③紙にフレームを書き、テーマを決め、書き出し、3回やる。

  • 第1章を読み返す

  • 実践しようと思ったらこと
    ・考え抜くために紙1枚で思考整理をしてみる
    →そのためにまずはテーマを決める
    →何度も繰り返す

  • 筆者の提案する「紙一枚」の思考法を繰り返し実行することで、よく考えるに到達するものと感じた。
    また、「紙一枚」に書き込むことができないなら単純に知識不足で、何をすべきか明確であるのが良いと思った。
    ●「紙一枚」のまとめ方
    ①4×4のマトリックス表を作成
    ②左上は日付とテーマ(意見の立場)
    ③項目を洗い出す又はwhat Why Howを各列3項目
    (①〜③までは緑色、書き出す情報は青色、これという情報は赤色で丸として取り組むと効果的)
    ●トヨタ式文書の特徴
    ①紙一枚にまとまっていること
    ②枠に囲まれていること
    ③テーマが各枠の上部に記載されていること

  • 実践しやすい。
    早速表を自分で作って、面談用にやってみた。

  • 考え抜くとは、思考整理を繰り返すこと。
    思考整理とは、情報を整理し、考えをまとめること。

    具体的に何をしたら徹底的に考え抜いたことになるのか、行動に移せるレベルで説明したいという著者の言葉が印象的。

    あくまで個人の印象ですが、どちらかというと考え方についての本であり、ロジカルシンキングに近い内容なのかなあと思いました。
    パワポを使って一枚にまとめるテクニックはこうです、とかではないと思います。
    (どちらかというとそういうのを期待して読んでしまったので、星三つとしました。)

全41件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

浅田すぐる
「1枚」ワークス株式会社代表取締役。「1枚」アカデミアプリンシパル。動画学習コミュニティ「イチラボ」主宰。作家・社会人教育のプロフェッショナル。名古屋市出身。旭丘高校、立命館大学卒。在学時はカナダ・ブリティッシュ・コロンビア大学留学。トヨタ自動車(株)入社後、海外営業部門に従事。同社の「紙1枚」仕事術を修得・実践。米国勤務などを経験したのち、(株)グロービスへの転職を経て、独立。現在は社会人教育のフィールドで、ビジネスパーソンの学習を支援。研修・講演・独自開講のスクール等、累計受講者数は10000名以上。大企業・中小企業問わず、登壇実績多数。2017年には海外(中国・広州)登壇、2018年にはルーツであるトヨタとパナソニック合同の管理職研修への登壇も実現。2015年からは、作家としてのキャリアもスタート。これまでに6冊を上梓し、著者累計は41万部超。独立当初から配信し続けているメールマガジンは通算1000号以上。読者数18000人超。

「2021年 『早く読めて、忘れない、思考力が深まる 「紙1枚!」読書法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

浅田すぐるの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×