赤いセーターは知っていた〈下〉―フランス近年最大の冤罪事件

制作 : Gilles Perrault  白取 祐司 
  • 日本評論社
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784535510265

作品紹介・あらすじ

ラニュッチ逮捕から、2年。世論はヒステリックなまでにこの残虐な少女殺しの「犯人」に死刑を宣告していた。重罪公判(陪審)が開始。裁判長による自白調書の朗読と接触事故現場からラニュッチを追跡したオーベル夫妻の証言が有罪を決定づけてしまう。ラニュッチに有利な証言がことごとく無視され、死刑の評決が下された。唯一の物証「赤いセーター」とラニュッチを結びつけるものは本当にあったのだろうか。もはや救いの途はないのか。事件は最悪のクライマックスを迎える。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • フランスが死刑を廃止したきかけのひとつとなった、冤罪事件を描いたノンフィクション。無実の若者が殺人犯に仕立て上げられ、処刑されてゆく様子が恐ろしいです。(詳しい感想は→http://blog.livedoor.jp/chako67k/archives/50916471.html

全1件中 1 - 1件を表示

ジル・ペローの作品

赤いセーターは知っていた〈下〉―フランス近年最大の冤罪事件を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
ツイートする