辺野古訴訟と法治主義 行政法学からの検証

  • 日本評論社
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784535522060

作品紹介・あらすじ

政府の主張の根本的な問題点を鋭く指摘。
辺野古新基地建設をめぐる沖縄県と政府との訴訟に関する重要な争点を行政法学者が分析。
辺野古訴訟が問うのは、私たちの国における法治主義と地方自治のあり方そのものである。

著者プロフィール

早稲田大学教授

「2020年 『現代行政法講座Ⅲ 行政法の仕組みと権利救済』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡田正則の作品

辺野古訴訟と法治主義 行政法学からの検証を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする
×