星に惹かれた男たち 江戸の天文学者 間重富と伊能忠敬

著者 :
  • 日本評論社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784535787582

作品紹介・あらすじ

二十四節気や七十二候で人気の太陰太陽暦は、旧暦ともいわれ日本的で古風なイメー
ジがありますが、実は天文学の知識なくして作ることができないカレンダーなので
す。

古くは、日本人初の太陰太陽暦を作った渋川春海(しぶかわはるみ)、西洋天文学を
応用した高橋至時(たかはしよしとき)と独自の天文からくり時計を発明した間重富
(はざましげとみ)や、天体測量を併用して高精度な日本地図を作った伊能忠敬(い
のうただたか)など、太陰太陽暦の周囲にいて、天文学にのめりこんだ多彩な男たち
を紹介するノンフィクション。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ☆信州大学附属図書館の所蔵はこちらです☆
    https://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB17553774

  • これ、渋川晴海から伊能忠敬に至るまでの各人物に着目した、一大サーガが書けるんじゃないかなあ。北方謙三さんあたりに書いてほしい。
    そう思うくらい、本書に登場する人たちは魅力にあふれている。面白い。

    難点は、なんだか話がポンポン飛ぶこと。もうちょっと書きようがあったような。

  • 請求記号 440.21/N 53

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1953年、新潟県生まれ。自動車部品メーカーのデンソーで、長くエンジニアとして働きながら、和算を題材にした小説を執筆。主な作品として『算聖伝』『怒涛逆巻くも』『ラランデの星』(以上新人物往来社)、『和算忠臣蔵』(小学館)、『江戸の天才数学者』『和算の侍』(以上新潮社)、『ひらけ蘭学のとびら 「解体新書」をつくった杉田玄白と蘭方医たち』(岩崎書店)、 『星空に魅せられた男 間重富』『円周率の謎を追う 江戸の天才数学者・関孝和の挑戦』(以上くもん出版)などがある。1992年『円周率を計算した男』(新人物往来社)で歴史文学賞。2006年日本数学会出版賞受賞。

「2017年 『咸臨丸にかけた夢』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鳴海風の作品

ツイートする