向精神薬の現状と課題  CNS領域の治験をめぐって

制作 : 樋口 輝彦  不安・抑うつ臨床研究会(CRA) 
  • 日本評論社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (151ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784535983243

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • うつ病に関してはいい薬が出てきているが、3分の1の人は直らず慢性化している。
    日本は基礎研究ばかりで、臨床研究が遅れた。
    うつ病は障害有病率が15%前後でかなり高い。
    2010年、世界では1億2100万人のうつ病患者がいる。
    健康行動とは、具体的な行動目標を持ち、実際に外に出かけ、人と交わり、行動し、毎日の記録をとる。気分やその日の体調で活動を変えることをしない。

全1件中 1 - 1件を表示

向精神薬の現状と課題  CNS領域の治験をめぐってを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする