クロコーチ(6) (ニチブンコミックス)

制作 : コウノ コウジ 
  • 日本文芸社
3.86
  • (4)
  • (10)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 70
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784537131949

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 三億円事件の真犯人が死んだ高橋ではなく……という前巻のエンディングを受けて語られるのだが、やはり呆気ない結末だった。そして、シームレスに次の大きな疑惑に巻き込まれる(自ら首を突っ込む)黒河内と清家。警察庁の公安部が二人をマークするとなると、新章もどす黒い何かがあると期待させるな。警察庁長官狙撃事件とカルト宗教団体と本丸である警察庁をどう料理するのか、期待したい。

  • 新展開。次から次に警察の闇が。

  • 新展開。
    毎回先が気になって仕方ない。絶妙に現実の事件を絡ませてきたな。今後も気になる。
    前巻からあまり間が空いていなかったので覚えていたからなお良かった。

  • 新章突入、三億円事件よりさらに深い闇に。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

漫画原作者・小説家・編集者。テレビドラマ化もされた『クロコーチ』(画/コウノコウジ)は週刊漫画ゴラクで絶賛連載中。他、長崎尚志名義で『BILLY BAT』(ストーリー共同制作)、『MASTERキートンReマスター』『MASTEキートン』(脚本)、小説『闇の伴走者』、映画『20世紀少年』(脚本)など。

「2016年 『ディアスポリス-異邦警察-999篇』 で使われていた紹介文から引用しています。」

クロコーチ(6) (ニチブンコミックス)のその他の作品

クロコーチ 6 Kindle版 クロコーチ 6 リチャード・ウー

リチャード・ウーの作品

ツイートする