3カ月でできる中小企業の人事評価・賃金制度のつくり方

制作 : 河合克彦  SR人事労務コンサルタンツ 
  • 日本法令
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784539723395

作品紹介・あらすじ

本書は、社会保険労務士4人が、実践で培ったノウハウを生かし、中小企業が「役割・能力・成果」を調和させた人事制度「トライアングル人事システム」をもとに、新しい人事評価制度、賃金制度を構築する手順を時系列で解説していくものである。中小企業であるT社の事例に基づいて、実際に新しい人事評価制度、賃金制度を構築していく手順を1からわかりやすく具体的に解説している。
<br/>平成25年4月1日より施行された改正労働契約法に対応した「社員とパートタイマーの処遇格差をしっかり説明できる」人事制度を提案するものでもある。
<br/>
<br/>第1部 2時間で人事評価制度と賃金制度を学習しよう
<br/>第2部 3カ月で新しい人事評価制度と賃金制度を構築しよう
<br/>第3部 パートタイマーの人事制度を構築しよう
<br/>第4部 新人事制度の導入・定着化を図ろう
<br/>

著者プロフィール

株式会社河合コンサルティング 代表取締役
京都大学経済学部卒業後、富士銀行に入行。富士ナショナルシティ・コンサルティング、富士総合研究所を経て、1997年に株式会社河合コンサルティングを設立し現職。
『要員・総額人件費マネジメント』『役割目標によるマネジメント』『評価者になったら読む本』『管理部門の生産性向上システム』『役割・能力・成果…“○×主義”を超えて』『役割能力要件表のつくり方』(以上、日本生産性本部) 他に、『一次評価者のための人事評価入門』(日本経済新聞出版社)、『業績貢献度測定マニュアル』『賃金決定のための部門業績評価』(以上、経営書院)、『7つのステップでできる部門業績評価制度のつくり方』『小さな会社のための“こぢんまり”人事・賃金制度のつくり方』(以上、日本法令)など

「2019年 『活動ベースの付加価値』 で使われていた紹介文から引用しています。」

3カ月でできる中小企業の人事評価・賃金制度のつくり方を本棚に登録しているひと

ツイートする