現代のむら―むら論と日本社会の展望

  • 農山漁村文化協会
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784540071355

作品紹介・あらすじ

むら論を総括し、今日のむらの実態を分析。市場・国家・社会の三位一体的危機=根本的転換期にあたり、共同性(を土台においた公共性)を軸に社会のあり方を考えることが今、改めて求められている。本書は、戦前戦後の日本のむら、共同体論を整理、総括し、さらに、今、日本のむらがどのような状況にあるのかを明らかにすることによって、今後の日本社会全体のありかたを展望するためのヒントをも得ようとする。

坪井伸広の作品

現代のむら―むら論と日本社会の展望を本棚に登録しているひと

ツイートする
×