これならできる!自然菜園―耕さず草を生やして共育ち

著者 :
  • 農山漁村文化協会
4.26
  • (13)
  • (6)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 117
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784540101977

作品紹介・あらすじ

草も野菜も微生物も自らが暮らしやすくなるよう、たえず土やお互いに働きかけながら生きています。この自然の営みを活かし、耕さず草を抜き取らず野菜が、草や微生物など菜園の生きものと共存、共育ちできる自然菜園のコツを紹介します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 市民農園で10坪ほどの区画を借りて野菜を育てています。

    去年のテーマは「パーマカルチャー」だったので、それを意識してやってみました。が、当然ですが土もまだ不十分だったせいか野菜は例年ほど育たず、その代わりといっちゃなんですがハーブ類は豊作でした。周りの人に「自然農園やってるの?」と気づかれる程度には形になっていたとは思います。

    実際に畑をやってると、無農薬は簡単なのです。みんなやってる。でも無施肥と不耕起が難しい。
    どうしても栄養をあげたくなるし、耕したくなるのです。
    でもそれをやりながらも「野菜をこんなに甘やかしていいのか」「土は毎年いったんリセットする必要があるのか」と自問自答していました。

    自然のシステムを読み取り、人間も生態系の一員として生物多様性を保持する持続可能な環境を作り出す…という点では、パーマカルチャーの理念もこの本に書かれていることも同じだと感じました。

    今年はこの本をもう一度読み直し、「自然菜園3ステップ計画」に沿って、初年度の大テコ入れから始めたいと思っています。

  • 一般向け、無農薬無施肥不耕起栽培のテキスト。
    原理の説明も分かり易いし、具体例も多く、参考になる。
    今まで冬場は庭を放ったらかしにしていたが、通年で管理して、もっと豊かな土を作りたいと思う。
    読みながら実践したい。この本、買おう。

  • 図書館がおくる、「クラブ・サークル向けおすすめ図書」

    クラブ・サークル名 園芸部

    請求記号:626/Ta 図書ID:10043037

    検索キーワード:野菜、栽培

  • 耕す必要なし

     自然のままで畑をしようという作品。ベランダガーデニングではないが、楽しそうだったから借りた。

     コンパニオンプランツとして、根っこを絡めるということを知った。また、刈り取った雑草によるマルチって発想も良いな。ためになったよ。

  • とても細かく分かりやすく書かれています。
    かなり活用しています。

  • 農作業意欲を掻き立ててくれる逸冊。根の状態を地上から推定するノウハウや自然環境のあり方に合わせた栽培方法など、自然菜園を持続的に維持管理する情報が盛りだくさん。

  • 草マルチによる畝の保守は支持者が多いんだなー。

    本書は、種から行う苗作りの解説が丁寧だったので、メジャーな家庭菜園野菜の性質が根本から学ぶことができました。

  • 今年は、この本を主テキストとして一年やってみようと思います。

  • 自然農の参考に。

  • 自然農法の本。
    草マルチで草と野菜が共存!
    緑肥作物は自然菜園の強力な助っ人
    コンパニオンプランツとの混植
    土を休ませずに土を育てるリレー
    生える草で判る野菜の適地適作
    根に根性をつける
    自然のリズムに合わせ適期適作
    種や種芋の選び方
    茎葉の生育観察でわかる根の根性
    根性をつける果菜類の整枝法
    化学農薬を使わない防除法
    自家採種のすすめ
    完熟堆肥、ボカシ肥、モミガラくん炭の作り方


    ざっと見出しを並べましたが
    たくさんのイラストと、写真もあって
    とても判りやすく解説してあります。

    ガーデニングをはじめて、図書館で関連図書を
    借りるようになってから、
    気になっている出版社『農文協』の図書。
    今回は『自然菜園』土を耕さずに野菜を栽培.
    ヘェ~~手抜き?と、思ってしまう方もいるかもしれませんが.
    これは自然農法の一つ
    土を育てる農法です。土の持つ力を見極めながら、
    野菜を栽培する.
    雑草と思っていた草達さえ一緒に栽培の力とする。
    雑草も観察すると生えている種類によって、
    その土の性質がわかるという。
    そして、不思議なことに生える雑草は変化します.
    これは、私も実感していました。
    そんなガーデニングや農園をしてる人にお勧めの一冊です.
    傍らにおいて、たびたび見れたらとても良いと思いました!

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1977年、長野県生まれ。自然栽培コンサルタント。長野県を拠点に、菜園教室「自然菜園スクール」「これならできる!自然菜園入門講座」などを開催。『1㎡からはじめる自然菜園』(学研プラス)など著書多数。

「2020年 『野菜の植え合わせベストプラン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹内孝功の作品

これならできる!自然菜園―耕さず草を生やして共育ちを本棚に登録しているひと

ツイートする