小さい林業で稼ぐコツ: 軽トラとチェンソーがあればできる

制作 : 農文協  農山漁村文化協会= 
  • 農山漁村文化協会
3.43
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 51
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784540171581

作品紹介・あらすじ

「山は儲からない」は思い込み。自分で切れば意外とお金になる。そのためのチェンソーの選び方から、安全な伐倒法、間伐の基本、造材・搬出の技、山の境界を探すコツ、補助金の使い方まで楽しく解説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • もちろん誰だってできるわけではないが,工夫すればという話し。チェーンソーの使い方あり。

  • 初級者に向けた実技の話。

  • 近年、林業の再生が注目されている。その中で、再生への潮流として「集約的な大規模林業」及び「自伐型林業」の二つが大きい。この本では、個人が取り掛かりやすい後者について、支援するような内容となっている。

    長伐期や利用間伐の促進を進めている等、個人でも持続的に収入を得ることが出来るような林業事例を、全国津々浦々多数紹介している。故に、自己流林業が満ち溢れている。これら自己流林業は多くが10数年レベルの経験則に基づいていて、安全や災害リスクへの配慮に薄い。

    例えば、木の伐採方法紹介ページやチェンソーの使い方がある一方で、別のページでは危険な方法が実践されている。林道の作り方にしても岩石を破砕するなどその土地に負荷をかけつつまたその後の災害リスクを高めるような手法を紹介している。その他諸々、、。

    自伐型林業そのものは良い形態だと思う。しかし、この本では始めやすいために習熟していない人の気軽な参入を促進しているように感じる。労働災害率が高い林業ではこうした参入は危険であり、チェンソーと軽トラの購入以前に体系だった施業を習得するべきでは?

    今後、安全で効率の高い自伐型林業が実現するためにも森林組合は
    1. 積極的に民有林管理に関わる
    2.広い検証によって裏付けされた手法を指導していく
    必要があると感じた。

    また、様々な著者がいるからしょうがないのかもしれないが、林業単語(A材等)の説明が中盤に来ていたり、共通の話題が散発的に割り振られていたりと構成をもっと練る必要があるとも思った。

  • 神増坂の風倒木杉丸太の利用を考える

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

梨木香歩(なしき・かほ)作家 塩野米松(しおの・よねまつ)作家 藤原辰史(ふじはら・たつし)京都大学人文科学研究所 松延洋平(まつのぶ・ようへい)元農水省種苗課長 大川雅央(おおかわ・まさお)国際農業開発学博士 石綿薫(いしわた・かおる)育種家 林重孝(はやし・しげのり)日本有機農業研究会副理事長 伊東蔵衛(いとう・くらえ)埼玉県三富町・農業 西尾敏彦(にしお・としひこ)元農林水産技術会議事務局長 石堂徹生(いしどう・てつお)フリージャーナリスト 内田聖子(うちだ・しょうこ)アジア太平洋資料センター共同代表 蔦谷栄一(つたや・えいいち)農的社会デザイン研究所代表 原村政樹(はらむら・まさき)ドキュメンタリー映画監督

「2020年 『どう考える? 種苗法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする
×