納豆の食文化誌

著者 :
  • 農山漁村文化協会
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784540181177

作品紹介・あらすじ

納豆はご飯のおかず? 調味料?  味噌、醤油と並んで和食に欠かせない納豆は、アジア全域でもおなじみのソウルフード。でも各地の納豆を見れば、トウチや魚醤と同じく調味料としてや、チーズがない時期の代用品として使われたり、植物の葉や段ボール箱の中で自然発酵させたり……地域によって納豆の姿はさまざま。日本では、かつて「ハレ食」だったのが、現在は健康食として、伝統食材としても見直され始めています。
地域や時代につれて変遷をとげる「アジア・日本の納豆」の深い世界を、豊富な写真や図版とともに伝えます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 納豆の常識が覆る、情報量の多い一冊。
    納豆菌や食文化・文化圏についてから始まり、様々な形の納豆を求めて足を運んだ調査の集大成となります。
    日本の納豆は発泡スチロールに包まれたおかずである地域が多数ですが、海外では調味料として確立されています。
    そうです、納豆は日本独自の食文化ではないのです。
    枯草菌による発酵は稲ワラでなければならない決まりはなく、シダでもバナナでも独特な美味しさを醸し出すことかできるようです。
    他アジアでは豆と草と菌を利用していますが、日本は草を抜かして豆に単一の菌を直接加える衛生納豆を開発しました。
    しかし、稲ワラ納豆やカビによる塩辛納豆という食品には様々な利点と何よりも特別な美味しさがあります。
    一つの完成形を残すのか、細々と多様性を保つのか、納豆好きとして考えさせられました。

  • 昔の照葉樹林帯の納豆類と、日本の納豆と、現代バンコクの納豆と、ともかくいろいろと楽しい。ほんとに、羨ましい。

  • 女子栄養大学図書館OPAC▼ https://opac.eiyo.ac.jp/detail?bbid=2000053108

  • ふむ

  • 【貸出状況・配架場所はこちらから確認できます】
    https://lib-opac.bunri-u.ac.jp/opac/volume/757531

  • 納豆オタクっておるんやな……
    アジアの納豆、日本の納豆。あとがきによるとアフリカにも納豆があるそうな。
    東南アジアでの調味料としての納豆は消えつつあるのかもしれない、というのは日本のそれが醤があったことによって発展しなかったようなものか。納豆食べていこう。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1966年、北海道生まれ。名古屋大学大学院環境学研究科 社会環境学専攻 教授。専門分野は、地理学。1992~94年まで青年海外協力隊員としてラオスで活動。筑波大学大学院博士課程地球科学研究科地理学・水文学専攻中退。熊本大学文学部助教授(准教授)等を経て、現職。
著書に『納豆の起源』(NHKブックス)。監修・編著に『科学 2019年9月号【特集】発酵食の世界』、『納豆の本』(全国納豆協同組合連合会 総監修、宮崎 祥子 編)など。

「2021年 『納豆の食文化誌』 で使われていた紹介文から引用しています。」

横山智の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デイビッド・モン...
阿古 真理
アンデシュ・ハン...
森田 真生
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×