ポテトチップス (イチは、いのちのはじまり)

制作 : 岩井菊之 
  • 農山漁村文化協会
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784540181382

作品紹介・あらすじ

ジャガイモと塩と油。ポテトチップスの材料は3つだけでシンプルだし、つくり方も簡単そうだけど、一から挑戦してみると意外と大変。塩は海水を煮詰め、油はヒマワリを育ててタネを収穫するはずが……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「ジャガイモと塩と油。材料は3つだけでシンプルだし、つくり方も難しくなさそうだけど、一から挑戦してみると意外と大変……。」

    目次
    ポテトチップスのためのジャガイモ畑
    うす切りのジャガイモを揚げるだけだけど…
    工場では、こうしてつくられている
    ポテトチップスが生まれた物語を想像してみよう!
    ポテトチップスに向くジャガイモ、向かないジャガイモ?
    栄養補給のための「おやつ」から、嗜好品としての「おやつ」へ
    「イチからポテトチップスつくり隊」の結成!
    油を自分で手に入れるには、どうしたらいいのだろう?
    植物油の自給率は、わずか2~3パーセント!
    ジャガイモを袋栽培で育てはじめる〔ほか〕

    著者等紹介
    岩井菊之[イワイキクジ]
    1957年、東京都渋谷区生まれ。1975年東京都立足立高等学校卒業。1980年東京薬科大学薬学部第一薬理学教室卒業。薬剤師の資格を取得。1984年東京製菓学校洋菓子科卒業。製薬会社等に勤務後、父・岩井清吉が1953年に創業した菊水堂に入社。2000年に会長に退いた岩井清吉のあとを受けて社長となる。全日本菓子協会代議員、日本スナック・シリアルフーズ協会監事、元(一財)いも類振興会監事、日本いも類研究会副会長

  • 「ポテトチップス」は主にじゃがいも、塩、油の3つでできているシンプルなお菓子。でも、これをイチから作ろうとするととても大変。じゃがいもを育てるだけではなく、この絵本では塩や油作りまで挑戦しています。すごい。じゃがいもの揚がり具合で揚げる前のじゃがいもの様子(虫くい、傷みなど)がわかるのおもしろいな。勉強になりました。

  • 深川市立図書館 古川

  • これはポテトチップス作りに挑戦する親子の物語。豊富な絵と写真で分かりやすく解説されており、この夏休みにぜひ親子でお読みいただきたい児童書です。
     
    ポテトチップスの材料は、ジャガイモ・塩・油というシンプルな構成。この本を読むと、ジャガイモや塩といった原材料を生み出すための手間と時間、そして大地や海など地球環境の大切さに気付かされます。

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケシンスケ
ヨシタケ シンス...
鈴木 のりたけ
マーカス・フィス...
ヨシタケシンスケ
エリック=カール
ヨシタケ シンス...
ヨシタケシンスケ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×