河川工学者三代は川をどう見てきたのか: 安藝皎一、高橋裕、大熊孝と近代河川行政一五〇年

著者 :
  • 農山漁村文化協会
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (447ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784540181405

プロフィール

篠原 修(しのはら おさむ):
土木設計家、GSデザイン会議会長、東京大学名誉教授、政策研究大学院大学名誉教授、客員教授。1945年生まれ。
主著に『景観用語辞典』(編著、彰国社)、『日本の水景―持続する僕の風景』(鹿島出版会)、『土木造形家百年の仕事』(新潮社)、『土木デザイン論』(東京大学出版会)、『篠原修が語る日本の都市―その伝統と近代』(彰国社)、『ピカソを超える者は―景観工学の誕生と鈴木忠義」(技報堂出版)、『内藤廣と東大景観研の十五年』(鹿島出版会)など。作品集『GROUNDSCAPE 篠原修の風景デザイン』(鹿島出版会)。

「2016年 『北のセントラル・ステーション』 で使われていた紹介文から引用しています。」

篠原修の作品

河川工学者三代は川をどう見てきたのか: 安藝皎一、高橋裕、大熊孝と近代河川行政一五〇年を本棚に登録しているひと

ツイートする