食料輸入大国への警鐘 (全集 世界の食料世界の農村)

  • 農山漁村文化協会
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784540930614

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • [鹿大図書館・冊子体所蔵はコチラ]
    https://catalog.lib.kagoshima-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BN09996763

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1942年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。東京大学大学院農業経済学専攻博士課程中退。鹿児島大学、東京農業大学を経て、1991年早稲田大学政経学部教授、のちに学部長、副総長・常任理事を務める。2013年退職。現在、同大学名誉教授及び2015年から日本農業経営大学校校長。2002年から2004年、日本農業経済学会会長。農学博士。

〔主要著書〕
堀口『畑地灌漑』(農政調査委員会、1975年)、堀口共著
『現代稲作と地域農業』(農林統計協会、1979年)、
堀口他編『食料輸入大国への警鐘』(農文協、1981年:東畑記念賞を受賞)、
堀口『土地資本論』(農林統計協会、1984年)、堀口共著『土地の価格の総合的研究』、
竹中・堀口『転換期の加工食品産業』(御茶の水書房、1987年)、
保志・堀口他編『現代資本主義と農業再編の課題』(御茶の水書房、1999年)、
堀口編著『再生可能資源と役立つ市場取引』(御茶の水書房、2014年)、
堀口・梅本編集『大規模営農の形成史』(農林統計協会、2015年)、
堀口編『日本の労働市場開放の現況と課題』(筑波書房、2017年)、
堀口・堀部編著『就農への道─多様な選択と定着への支援』

「2021年 『地域貢献の小水力発電』 で使われていた紹介文から引用しています。」

堀口健治の作品

食料輸入大国への警鐘 (全集 世界の食料世界の農村)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする
×