発声と身体のレッスン―魅力的な「こえ」と「からだ」を作るために

著者 :
  • 白水社
3.61
  • (18)
  • (30)
  • (52)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 311
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784560035665

作品紹介・あらすじ

俳優、声優、歌手、アナウンサー…そして「日本語を正しく声に出したい」すべての人に必読の一冊。豊かな表現力を身につけるための、誰にでもできるレッスン方法を解説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 発声の話でありながら、ボディワークに携わる方、声を仕事にしてる方にお勧め名本です。
    呼吸やリラックスが上手にできるようになります。

  • 久しぶりに再読

  • あなたは何を正しい発声と考えるのか?
    自分の声を自覚し、自分の声と出会う。
    著者の考える正しい発声とは「あなたの感情やイメージがちゃんと表現できる声を手に入れること」。
    こんな声を出したいと思って、その通りの声が出ること。
    映像に向いていると思われる小さい声も、小さくてもよく通る声と、小さくて通らない声の二つある。

    身体の外側:見た目を意識した姿勢。筋肉が緊張してしまう場合あり。
    身体の内側:自分の筋肉の緊張を自覚し、気持ちいい自然なポジションを見つける。

    首の緊張を取る。
    身体の重心線に頭を乗せる。

    くせは意識しないのに出てしまう姿勢。

  • 正しい発声と身体を手に入れるための具体的なレッスン方法。
    様々な練習方法が詳細に紹介されています。

  • 正しい発声=自分が出したいと思う声を出せる。感情などを思うようん表現できる発声


    正しい身体=自分の感情や伝えたいことを表現できる身体。


    大切なことを伝えたことがないと子音って溶けてる義とがいるよ、それと自分んを表現していこなかった人。

    基本的にレッスンのやり方が書いてある。

    余計な緊張が残っているとよくない。


    セミスパイン

    ロングトーン→ショートトーン
    のほうが喉が開きやすくて傷めにくいよ!

    ダンスとかの姿勢は「土と側からの視線」を意識した体。
    その反対で内側からの視点を意識しましょう。

    観察レッスン
    S音レッスン
    S音タイムレッスン
      (吐く息の長さ)
    サイド(バック)レッスン
        膝を倒して腹式呼吸してみる。腹式呼吸は体全体が膨らむことなんですよ!
    丹田レッスン
    ハミングレッスン
       (体の共鳴、振動に自覚的になるレッス)
    ロングトーンレッスン
      (のど開かないなって思ったら、上を向く)

    声帯マッサージレッスン
    楽に、一番高い音(声)から、ゆっくり、「あーーー」と言いながら、音程w下げて言って、あなたが出せる一番低い(音)までいきます。p92

    地声に変わる瞬間の声を伸ばすと不安定な声でないか?その形で使われたことがない証拠。やっていれば安定してきます。

    声のベクトルをイメージする

  • 正しい発声、活舌を通じて、相手に言葉を伝える前の準備として読んでみればいいと思います。

  • わからなくなると、読み直したくなる本。
    身体の使い方がわかりやすく書いてある頼りになる本。

  •  きわめて実践的な本である。読む本ではない。実行する本だ。

     このようなノウハウの本は今まで嫌というほど読んできたけれど、ここまで実践にこだわっている本、しかもわかりやすく書いてある本はないと思う。おそらく著名な演出家でもある作者が、実際の稽古場でやっていることを忠実に文章にしているのだろう。わかりやすいのである。今まで見よう見まねでやっていたようなことが、きちんと理論化され、整理されて頭の中に入ってくる感じだ。

     読み物として読んだだけであっても、「正しい発声」とは何ですか?「正しいからだ」とは何ですか?という問いかけは、一種虚をつかれたような気がして示唆的であった。そしてそれに対する答えが、平明で誰にでもすっと納得できるように書かれていると思う。

     さっそく稽古場に持ち込んで活用してみたいと思う。稽古が楽しみになる本である。

  • 「あなたの魅力を演出するちょっとしたヒント」「表現力のレッスン」を先に読みましたが、発声レッスンは、この本が一番分かりやすいです。
    基本事項から順を追ってこまかく書かれています。
    (「あなたの魅力を~」にはS音レッスンやZ音レッスンはありませんでした)

    自分の意見を相手に伝えようとすると、溶けている子音がどんどんクリアになっていく…という観察にはハッとしました。

    活舌の母音の発音は、英語や中国語など、日本語にない発音を大量に持つ外国語を発音を重点的に勉強されたことのある方には、すんなり納得できると思いますし、興味ひかれる分野だと思います。

    身体のストレッチについても、この本の方が充実しています。
    身体の使い方という点では「表現力のレッスン」でも多くのレッスンを公開されていますが、こちらは基礎身体としてのレッスン、あちらは演技のためのレッスンで少し系統が異なります。

    リラックスした身体に着目しているという点は、他の著書を通して一貫しています。

  • 鴻上さんの本。発声法というかトレーニング本なんだけど、かなり親切。

全28件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1958年愛媛県生まれ。早稲田大学法学部卒業。在学中に劇団「第三舞台」を結成、以降、作・演出を手がける。1987年『朝日のような夕日をつれて’87』で紀伊國屋演劇賞、1992年『天使は瞳を閉じて』でゴールデン・アロー賞、1994年『スナフキンの手紙』で第39回岸田國士戯曲賞、2009年「虚構の劇団」旗揚げ三部作『グローブ・ジャングル』で読売文学賞戯曲賞を受賞する。2001年、劇団「第三舞台」は2011年に第三舞台封印解除&解散公演『深呼吸する惑星』
を上演。桐朋学園芸術短期大学特別招聘教授。現在は「KOKAMI@network」と「虚構の劇団」を中心に活動。また、演劇公演の他にも、映画監督、小説家、エッセイスト、脚本家としても幅広く活動。近著に、『朝日のような夕日をつれて[21世紀版]』『ベター・ハーフ』『イントレランスの祭/ホーボーズ・ソング』(以上、論創社)、『ロンドン・デイズ』(小学館文庫)、『青空に飛ぶ』(講談社)、『不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか』 (講談社現代新書) など。

「2018年 『サバイバーズ・ギルト&シェイム-もうひとつの地球の歩き方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

発声と身体のレッスン―魅力的な「こえ」と「からだ」を作るためにのその他の作品

鴻上尚史の作品

発声と身体のレッスン―魅力的な「こえ」と「からだ」を作るためにを本棚に登録しているひと

ツイートする