“パリ写真”の世紀

著者 :
  • 白水社
3.55
  • (2)
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (629ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784560038949

作品紹介・あらすじ

アジェ、クルル、ケルテス、ブラッサイ、ドアノー、イジス、エルスケン、カルティエ=ブレッソンらの膨大な資料を駆使し、写真と文学のコラボレーションからパリ神話の成立と解体を読み解く刺激的な一冊。サントリー学芸賞、渋沢・クローデル特別賞受賞の著者によるパリ三部作の完結編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ずっと欲しかったこの本は、けれどもさすがに高級品なのでずっと図書館で借りていたが、最近早稲田通りの三楽書店で4200円にて発見し、虎視眈々狙いを定めていたのだが、偶然古本市の露店で3500円の美品に出会い、あっさり購入してしまった。今橋映子の本はどれも良著である噂は常々耳にするけれど、個人的に惚れ惚れするのは装幀がとてもよいということである。この本に関して言えば、まず独特のぼってりした明朝のフォントが表紙を飾っていて、そのバランスが何とも言えないし、それがまた背表紙にあると、棚に並んでいる風貌も隣の『都市の詩学』と白黒のコントラストを成していて、また微笑ましい。

全1件中 1 - 1件を表示

今橋映子の作品

ツイートする