• Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784560045770

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 穂村弘さんが「ストーリーとキャラクターの支配力が強いけど、そうではなく面白い言葉の連なりで書かれたものがあってもいいと思っていたところ、まさにそういう作品でした。」と言っていた作品。

    時間が止められた世界の描写とかがすごいってことなのかな?

  • 人づてに『主人公が透明人間』のお話だと伺ったので読んでみたら、
    『時間を一時停止させる能力に目覚めた男』が巻き起こす
    悲喜劇を一人称形式で綴った作品であった。
    ストーリーはある意味、他愛もないファンタジーなのだが、
    徹頭徹尾オトコのリビドーで貫いたのは御立派 ... なのか?

  • 001.95.8/10、2刷、並、カバスレ、帯付。
    2010.8/28.伊勢BF。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1957年ニューヨーク州生まれ。イーストマン音楽学校、ハヴァフォード大学で学ぶ。1988年、『中二階』でデビュー。他の邦訳に『室温』、『もしもし』、『フェルマータ』『ノリーのおわらない物語』(以上白水社刊、岸本佐知子訳)がある。本書の執筆時(32歳)にはまだ駆け出しの若手作家だった。

「2018年 『U & I』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ニコルソン・ベイカーの作品

ツイートする