ジョイス論・プルースト論―ベケット詩・評論集

  • 白水社
3.25
  • (1)
  • (0)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784560045985

作品紹介・あらすじ

『フィネガンズ・ウェイク』を語りながらベケット自らを語る画期的ジョイス論。「ダンテ…ブルーノ・ヴィーコ…ジョイス」、『失われた時を求めて』の本質を鋭くえぐる「プルースト」。二大評論に最初期の詩作ほかを収録。

著者プロフィール

1906~1989年。アイルランド出身の小説家・劇作家。『モロイ』を含む小説三部作は51~53年にかけてミニュイ社より刊行された。52年『ゴドーを待ちながら』を刊行。69年、ノーベル文学賞を受賞。

「2019年 『名づけられないもの』 で使われていた紹介文から引用しています。」

サミュエル・ベケットの作品

ツイートする
×