秘密結社 (文庫クセジュ 199)

  • 白水社
3.88
  • (3)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784560051993

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • HS3a

  • 名作‼️儀式の言葉は潜在意識に浸透し良い結果をもたらす❕

  • [ 内容 ]
    秘密結社といえばフリーメーソン、クラックス・クラン、カルボナリ党、マフィアなどがすぐ思い浮かぶ。
    本書は、こういった西欧社会における秘密結社の歴史を語った概説書であり、科学の発達した今日の社会に秘密団体はなぜ存在するのかを問い、人間の非合理性の一面に社会学的な考察を加える。

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 最近複数の秘密結社に加入したので、買ってみた(嘘)

  • 秘密結社とは何か、を問うた後、入社式的組織、政治的秘密結社を扱った後に犯罪的組織と説明していく。事実のみを淡々と語るので、わかりやすくてとてもいい。文章も読みやすい。言うことはないが、私はどうも政治的秘密結社と犯罪的組織の説明はいらないと思う。秘密結社というものを扱う以上はこの三つを取り扱って一つの本となるのだけれど、・・・まあ、求めるものの違いですな。その分この本は入社式的組織の説明を多くして、政治的秘密結社と犯罪的組織の説明は少ないので、私の好みにはあっている。とってもいい本だ。

全5件中 1 - 5件を表示

セルジュ・ユタンの作品

ツイートする
×