悲しき酒場の唄 (白水Uブックス)

制作 : Carson McCullers  西田 実 
  • 白水社
4.00
  • (7)
  • (6)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (177ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784560070956

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • めちゃくちゃに読み終わった後にこそ求心力が強くなる。結婚式のメンバーしかりマッカラーズってそういう力があるのかも。人が変わっていくこと、それは人による力が大きい。ひとりずつが誰かひとりに影響を与えて、うまくいくこともあるしみんな不幸になることもあるんだなと。人生をひっそりと終える感じ、じわじわと死にとらえられ腐敗していく予感を描くのが上手い、ねじれた桃の木。

  • この人の作品もっと読みたい。なんか村上春樹さんが翻訳出すとかいう噂はほんとかな?

  • 表題作を読むのが遅れに遅れて年を越えてしまった。そして、最初に読んだときに気に入った「木、石、雲」のおじさんの科学は間違っているという結論になった。人を愛するには、いきなり人を愛するしかないんだよきっと。表題作も面白い。ミス・アメリアは変人なのに変人に見えないところがいい。互いに矛盾した行動をとることはもっともへまなこと、って文章がある。厳しい。よくわからなくなって不安になった人間は、互いに矛盾した行動をとっちゃうものなんだから。どっちかを選んだときに被る不幸の理由づけに耐えられなくなるんだから。訳文が少し変だけど、たまにこういうひとことをずばりいってのける箇所があって、変な人の話なのに途中でぴしっとさせられて面白かった。2007.1.9

全4件中 1 - 4件を表示

悲しき酒場の唄 (白水Uブックス)のその他の作品

The ballad of the sad café The ballad of the sad café カーソン・マッカラーズ
悲しき酒場の唄 単行本 悲しき酒場の唄 カーソン・マッカラーズ

カーソン・マッカラーズの作品

ツイートする