桜の園 (白水Uブックス―ベスト・オブ・チェーホフ)

  • 白水社
3.33
  • (2)
  • (3)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784560071298

作品紹介・あらすじ

華やかな過去の夢に溺れ、現実を直視できずに領地を手放すことになったラネーフスカヤ夫人と、その領地を買い取ることになった新興成金ロバーヒン。新旧二つの勢力を対照的に描きながら、未来に向かって歩きだす夫人の娘アーニャに人生の希望を託した、「ひたすらおかしい」最晩年のコメディー。マイケル・フレインの英訳をベースにした、上演用台本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 落ち目の領主一家は、屋敷を競売にかけられようとしている時にも過去の栄華から抜け出せずにいる滑稽さ。国は違えど貴族が落ちぶれ庶民が力をつけた時代の話が好きで読んでます。だがこの翻訳で上演して面白いのだろうか。他の訳も読んでみたい。

  • 再開が始まって、どの人も、さようならへ向かっていったのに。みんな始まりへまた、向かっていった。どの人も。

  • 丸山より影響されて。

    正直言って、戯曲はよくわからない。
    ト書き形式で書かれているので、場面がどうなっているのかとかもよくわからないし・・・。
    こういうのは、作家が1/3、演じ手が1/3、観客が1/3でどれが欠けてもちゃんとした理解には到達できないのかもしれない。

    しかしこの話を下敷きにして太宰の『斜陽』が書かれたことは理解した。『斜陽』を読んだ時にはこちらの『桜の園』はまったく認知してなかったので、斜陽ニ読目の助けにはなるかもしれぬ。

  • 競売とか、むつかしい。
    一気に読まないと内容を見失うわ。

  • 園の消失を目前にすれば、どんな人間も奇妙に滑稽。本来なら感情のひだの一枚一枚が繊細に伝わる戯曲のはず。

全8件中 1 - 8件を表示

アントン・チェーホフの作品

ツイートする