流刑地にて―カフカ・コレクション (白水uブックス)

制作 : Franz Kafka  池内 紀 
  • 白水社
3.73
  • (22)
  • (19)
  • (34)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 218
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784560071564

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 村上春樹の海辺のカフカにて触れられていたので読んでみました。
    状況説明、主人公の背景その他の物語の補足説明をあまりせず、ただひたすらに処刑について説明をメインに話しが進められていく。
    これまた読みやすいけれど難しいカフカの短編だと思う。もう一度読み直したい。

著者プロフィール

1883〜1924。チェコのプラハ生まれ。プラハ大学で法学を専攻。ジョイス、プルーストとならぶ現代世界文学の最も重要な作家。著書に「失踪者」「城」「審判」など。

「2013年 『ミレナへの手紙』 で使われていた紹介文から引用しています。」

フランツ・カフカの作品

ツイートする