断食芸人―カフカ・コレクション (白水uブックス)

制作 : Franz Kafka  池内 紀 
  • 白水社
3.53
  • (12)
  • (12)
  • (31)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 157
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784560071571

作品紹介・あらすじ

『断食芸人』はカフカの死の直後に刊行された。校正刷りが届いたとき、カフカは喉頭結核のため絶食を強いられていた。食べられない人が、食べない男の物語の校正をせっせとこなす。なんという悲劇、なんという喜劇!表題作のほか、『田舎医者』「新聞・雑誌に発表のもの」を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 他人の評価のポイントと自分の評価のポイントが違うために、全く理解されない男のお話。
    よくあるわな、そういうこと。そして最後まで救いはない。

  • カフカの作品の中でも、好きな作品。奥深い話です。

  • 読み始め 2012/05/23

  • カフカの短篇集。

  • カフカの最後の作品。食事が出来なくなったカフカが、最後まで芸術家であり楽しい作家だったことがこの作品からわかる。病にふしても笑みを浮かべ仕事を全うしたのだろうなと思うと、愛しい作品

  • カフカは今まで何がおもしろいかわからなかったけど、平野啓一郎のスローリーディングを学んだ後で偶然読んだら、非常におもしろかった。著者が何を言いたかったのか考えるのが楽しい、という種類の楽しさ。特に数ページの短いものほど味わい深かった。 
    1番好きなのは「掟の門前」。 
    2番目が「皇帝の使者」。

  • [ 内容 ]
    『断食芸人』はカフカの死の直後に刊行された。
    校正刷りが届いたとき、カフカは喉頭結核のため絶食を強いられていた。
    食べられない人が、食べない男の物語の校正をせっせとこなす。
    なんという悲劇、なんという喜劇!
    表題作のほか、『田舎医者』「新聞・雑誌に発表のもの」を収録。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 食への興味の欠損
    属性を失った断食芸人
    最後がよかったな。

    筆者(カフカ)と重なって見えた

  • 食べ物への欲を持たず、
    自由・生の実感を求め続けた男の話。
    断食芸人って実在するらしいですよ。

    表題作である「断食芸人」と
    「審判」にも登場する「掟の前で」が好き。
    「掟の前で」は4ページの超短編なのですが、
    人生が濃縮されているとさえ思います。

  • カフカの世界へようこそ〜<br>
    表題の断食芸人を含め、さまざまな短編集がいっぱいつまっています。<br>
    カフカはよく、こんな少しの文字数でストーリーをつくれるなぁと感心します。詳しい描写、過と思えば、説明がなかったりするので、想像力が掻き立てられます。しかし、それすらも計算と思えるような表現力。<br>

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1883〜1924。チェコのプラハ生まれ。プラハ大学で法学を専攻。ジョイス、プルーストとならぶ現代世界文学の最も重要な作家。著書に「失踪者」「城」「審判」など。

「2013年 『ミレナへの手紙』 で使われていた紹介文から引用しています。」

フランツ・カフカの作品

断食芸人―カフカ・コレクション (白水uブックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする