灯台守の話 (白水Uブックス175)

制作 : 岸本 佐知子 
  • 白水社
4.07
  • (24)
  • (21)
  • (13)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 247
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784560071755

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 生活の音が静寂に紛れて微かに聞こえてくる。
    最後らへんの展開にやや動揺しましたが、きれいしずかなおはなし。

  • ジキルとハイドだけではなく
    宗教的な牧師さんという存在とダーウィン
    (土木技師?と作家も?、シルバーとダークという名前も?)
    といった対照的なもの
    を絡めて一つの統合された意識にまとめたくなる
    多様な世界・自分に悩む人と自然に受け入れている人を通して
    帯に書いてある「響きあい、交差する、二つの孤独な魂の遍歴」
    「孤独」というところ、そのままの印象。
    ピユーというどの時代にも存在するキャラクターを通じて
    物語は一つになっているが、現在と過去、人を行き来していて
    文章は詩を読んでいるような感じ。

  • 崖の上に斜めに突き刺さって建っている家に生まれた、シルバーのお話。時間や場所や、自我までもがひとつに固定してなくて、ぽん、ぽん、と語られることにより、ひとつの世代で完結しない魂が物語として生まれてくる。

  • 愛について考える時に。孤独感を美しく描いていて、自分のふるさとのような一冊になりました。

  • 「崖の上に斜めに突き刺さって建つ家」という設定によって最初の数ページで物語の不思議な世界に入り込まされる。

    風が吹いたり匂いを感じたりするような丁寧な、しかし装飾的ではない文章は美しい。

    物語は詩的で余白がある。

    取り留めのない、捕らえ所のない本だが心に残るイメージがある。

  • 何年かに一冊出合う感覚の本。自分で何かしら書くようになって気がついたが、この本のような鋭さと孤独感と異郷の感じのある本はめったにない。目立たないタイトルだし、地味な話でもあるが、知性的で個人的で、こんな風に語れたらいいのにと思う書。

  • なんか刺さんなかった。不完全燃焼。「愛」「愛」言われてやんなっちゃったっていうのが正直なんだけど。「愛」の話というより、「人生を生きてく」話だと思った。そして、シルバーとダークではなくて、シルバーとミス・ピンチの違いを考えた。すねてるのって損だな、生きてくのってそれぞれいろいろ背負ってるものがあって大変なんだけど、"< ノー >こそが力"ってすねてても始まらないなって。すねてないシルバーだって、満たされてるかどうか、わからない。求め続けているように見える。でも、彼女は話すことで開けてる。信じようとしてる。それってピューがおしえてくれたんだよね。
    時間を超えて生き続けるピューは、誰のところにもいる、無意識の中にいる賢者というか人生を知ってる大人というか。物語そのものみたいな。そんなかんじがした。

    岸本佐知子さんという訳者さんを初めて知った。
    『オレンジだけが果物じゃない』が読みたい。読んだら感想が違う気がする。

    -----------------------------------------------------------------------

    徐々に消化されて来た。5日くらい経ったか?
    信じるって、能力だと思う。信じることは愛ですって言われたら、そうかもしれない。

全30件中 21 - 30件を表示

灯台守の話 (白水Uブックス175)のその他の作品

灯台守の話 単行本 灯台守の話 ジャネット・ウィンターソン

ジャネット・ウィンターソンの作品

ツイートする