黄泥街 (白水Uブックス)

著者 :
制作 : 近藤 直子 
  • 白水社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784560072196

作品紹介・あらすじ

空から黒い灰が降り、ゴミと糞で溢れ、様々な奇怪な噂が流れる幻の街の出来事を、黒い笑いと圧倒的な文体で描いた世界文学の最前線。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • わけがわからなすぎて、なんとなくわかったふりをすることもちょっと無理なくらいないわからない
    なのに、やたらと饒舌な語りにひきづられてなんか読めちゃう
    わたしとあなた、とか、あなたと彼、の境が曖昧になることはありそうだけど、あなたもわたしもかれも、物も言葉で名指される対象も言葉自体もすべての境をうやむやにしてしまうくらいの大胆な試みなのかも

  • 92年に河出書房新社から刊行されたものの再刊。
    河出書房新社→白水Uブックスって意外に多いような気がする。気のせいか?
    読んでいる間中、どうもこの作中に漂う雰囲気を知っている……という気がしてならなかったのだが、漸く思い出した。昔、プレステであった、『クーロンズ・ゲート』だ!

全2件中 1 - 2件を表示

残雪の作品

ツイートする