プーチンと甦るロシア

  • 白水社
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (388ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784560080214

作品紹介・あらすじ

軍事、エネルギー、ビジネス…00年代のロシアを牽引したプーチンの「政治手腕」を完全検証。啓蒙絶対主義のもと世界大国として復活した国家の諸相を活写する。地図・年譜・図版資料収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  一言で言えば、読み物としては面白いが、読了後、特に記憶に残らない書物。
     プーチン政権誕生以後のロシアの躍進とその背景にある問題や成果を「プーチン」とその権力基盤(改革の成果とその課題)等に焦点を当てつつ、概説したもの。読んでいた際は、面白いと思った箇所がそれなりにあったが、半年以上たった今となっては思い出せない(付箋も特にない)箇所が多い。

  • プーチンに関しては、最初の数章。

    それ以外は、天然ガス、石油、パイプラインなどについてがほとんど。

    ソ連ではなく、ロシア。

    ロシア正教とイスラム教との関係。

    ロシアは天然ガスと石油がなければ???


    ト、2010.1.25-1.29

全2件中 1 - 2件を表示

池田嘉郎の作品

ツイートする
×