水のなまえ

著者 :
  • 白水社
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784560083642

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 文学

  • いろんな「水」に関する言葉や文献、エピソードを集めた本。

    『新版季寄せ』(角川書店)
    『暮しの中のことわざ辞典』折井英治編(集英社/1962)
    『故事ことわざの辞典』(小学館/1986)
    『水のことば辞典』松井健一(丸善/2009)
    『十二支―易・五行と日本の民俗』(人文書院/1994)
    『蛇―不死と再生の民俗』(冨山房インターナショナル/2012)
    『ちちんぷいぷい―「まじない」の民俗』(小学館/1999)
    「わだつみのいろこの宮」青木繁(絵画)
    『雲と風を読む』中村和郎

  • 水が豊かで綺麗な日本だからかな、、、

    白水社のPR
    「水にまつわる多様な表現を幅広く紹介し、季節の移ろいや日々の暮らしに生きる人々の心情を詩人が細やかな筆致で繰り広げる。 」

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1944年千葉県海上郡飯岡町(現・旭市)生まれ。東京大学文学部フランス文学科卒。詩人、「歴程」同人。夫は作家の車谷長吉。1987年『花まいらせず』で現代詩女流賞、1990年『幸福な葉っぱ』で現代詩花椿賞、1997年『時の雨』で読売文学賞、2000年『貧乏な椅子』で丸山豊賞。著書に『水のなまえ』(白水社)など。

「2018年 『星のなまえ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋順子の作品

ツイートする