ニーチェをドイツ語で読む

著者 :
制作 : 細見 和之 
  • 白水社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784560087336

作品紹介・あらすじ

ニーチェが残したままの言葉から迫る 対訳での入門書
 特異な思想家であるとともに、優れた文章家でもあったニーチェ。「超人」、「永遠回帰」、「力への意志」など印象的な言葉を残しました。しかし、これらの言葉もニーチェ自身が体系的に詳しく説いているのではありません。代表作の印象的な一節を対訳で参照しながら、キーワードと詩作を解説します。和訳だけでは分かりづらいニュアンスに迫る、画期的なニーチェ入門書。ドイツ語には語注付なので、語学書としても有用な1冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1962年、丹波篠山市生まれ。京都大学教授。2014年より大阪文学学校校長。
詩集:『沈むプール』『バイエルの博物誌』『言葉の岸』『ホッチキス』『家族の午後』
   『闇風呂』
主な詩評論書:『アイデンティティ/他者性』『言葉と記憶』『永山則夫』『ディアポラ を生きる詩人 金時鐘』『石原吉郎』『「投壜通信」の詩人たち』ほか。

「2020年 『ほとぼりが冷めるまで』 で使われていた紹介文から引用しています。」

細見和之の作品

ツイートする
×