ビルバオ-ニューヨーク-ビルバオ (エクス・リブリス)

制作 : 金子 奈美 
  • 白水社 (2012年10月13日発売)
3.71
  • (6)
  • (11)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
  • 101人登録
  • 15レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784560090244

作品紹介

主人公キルメン・ウリベは、バスクの中心都市ビルバオから、飛行機でニューヨークへ向けて旅立つ。心に浮かんでは消えていく、さまざまな思い出や記憶…。祖父の船の名前をめぐる謎。スペイン内戦に翻弄されたバスクの画家アウレリオ・アルテタと、ピカソの"ゲルニカ"にまつわる秘話。漁師として、ビスケー湾からスコットランド、アフリカ沖、カリブ海へと海を渡り歩いた父や叔父たちのこと。移民や亡命者たち。そして今書いている小説のこと。失われゆく過去を見送りながら、新たな世界へと船出していく、バスク文学の旗手による珠玉の処女小説。

ビルバオ-ニューヨーク-ビルバオ (エクス・リブリス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • バスク文学とは珍しいと思い手に取りました。祖父の漁船ドス・アミーゴス号が描いてある表紙も素敵。

    代々続く漁師の家に生まれた著者が、祖父や父の物語をビルバオからニューヨークへの飛行機の中で回想するお話。
    自分の家族のことを語るという極めて個人的な行為が、バスク近現代史と一体となり、海や国境も超えた普遍的な価値へとどんどん広がって行くんだけど、常に根っこはバスクにあるために決して浮ついたものにならないところがすごい。

    …なんか自分でも何書いてるんだかわからなくなったけど(笑)とにかく、自分の家族のことしか書いてないのに、世界中の家族のことが書いてある、素晴らしい世界文学だと言うことです!

    訳もいいですよ。

  • 何とも独特の雰囲気を持った小説であった。
    原本はバスク語で書かれているという。
    短編小説を集めたような構成なのだが、小説なのかノンフィクションなのか定かではないところへ、いろんな挿話が展開されて読んでいて飽きない。

  • 実際にはこんな風に過ごして考えてるよなぁ,というのを再現してもらえてるのが心地よいのかな,と思った。私も,おじいちゃんおばあちゃんについて遡って知ってみたいと思うけど,なかなか難しそう。筆者が羨ましい。

  • 表紙の船に惹かれて。
    時系列が行ったり来たりするのでこのエピソードはどっちだ、と前のページをぱらぱら捲りながら読み進めた。文章自体は好きなんだけど、ストレス溜まる。

  • 新進気鋭のバスク人作家の処女小説。
    構想に驚いた。バスクからNYに行くまでの短い道中に想起したことを小説にするなんて。
    爽やかでありながら懐かしさ、新しさすべてが感じられる快作。

  • 昨夜寝る前に「ビルバオーニューヨークービルバオ」をちょっと読む。著者のウリベはバスク語で作品を書く(スペイン語でも出していて、この翻訳は両方を参照した折衷版とのこと)。隠された物語。網によってつながる物語。というのがこの作家の得意とする観点。ゼーバルトやトカルチュクに感触近い。
    白水社エクスリブリスで2年連続年越し?
    (2014 12/25)

    章の終わりの、開かれた文章
    「ビルバオーニューヨークービルバオ」を夜に少しずつ。今日は引用する為に持ってきた。この本読みやすいんだけど、そのまま流されて読んでしまうと上っ面だけで終わってしまいそう。
    章の終わりくらいに、別の章とかもろもろにつながりそうな気になる文章が置いてある。
    小説のために情報を収集するうち、僕は別のさまざまな航路へと導かれ、その途中で思いもかけなかった多くのことに遭遇した。
    (p15)
    船長は、航海図をけっして人には見せず、港に着くと束ねて家に持ち帰る。
    死もまた、その航海図をけっして見せることがない。
    (p41)
    題名通り、ビルバオーニューヨークービルバオと(たぶん)回る「僕」の旅路に、絵画と航海のさまざまなモチィーフと家族の歴史が混ざり合う、そんな構成なのかな。
    (2014 12/26)

    指輪とカッコウ
    (ほんとは漢字の方がいいんだけど)
    「ビルバオーニューヨークービルバオ」は中程。祖母?が話してくれたという指輪を飲み込んだ魚という話は、ヘロトドス「歴史」に出てくるのを始祖とまあしておいて、一方ではカルヴィーノが「千年紀のメモ」で書いたイタリア版、一方ではウリベの祖母?のバスク版として回ってきたのかな。
    小説現時点ではフランクフルト乗り換えニューヨーク行きの飛行機乗っている語り手だけど、そこで黒人女性が隣に乗ってきて読んでいるものとか、エストニアのどちらかというとマイナー言語の詩人の集まりみたいな話をするのは、小説後半で黒人という存在が重要となってくる前ふりなのか。
    そのエストニアの集まりでのいろいろな話も興味深かった。最後にカッコウの鳴き声が取り上げられ、それが次の話題を導いてくる。この小説、かなりウリベ周辺の現実の話や人物が取り入れられているみたいなんだけど、ではエストニアの集まりも実際にあったのかな。それ自体かなり面白そう。
    でも、なんでフランクフルト回りなんだろう? マドリッドとかバルセロナからでもニューヨーク直行便はあるだろう。ひょっとしたら、ビルバオからも…

    「ビルバオーニューヨークービルバオ」は、前になんでニューヨーク行きの行程しか描かれていないのに「ービルバオ」なのか、と書いたけど、その答えのヒントになりそうな部分が。地球上の半分が昼の時もう半分は夜。でも、時間が経つにつれて、夜だった部分に光があたり、昼の部分が闇に入る。人間の思考というか感性というかも同じなのでは、と著者は言う。今まで考えてこなかったことを考えられるようになり、今まで見えていた部分が見えなくなる。でもそれは仕方のないことではないか、と。
    (2014 12/30)

    小説技法の種明かし、鏡と作品
    それならば、僕は小説の背後にあるものを、小説を書く際のあらゆるプロセスを提示しなければ、と考えた。疑念や、迷いを。だが、その小説自体は、小説のなかに登場することはないだろう。読者はそれを感じ取るだけだ。《ラス・メニーナス》(女官たち)でベラスケスが描いている国王夫妻の肖像画を、観客が感じ取るのと同じように。
    (p152)
    ファン・エイクやベラスケスの作品のように、作品の中に製作過程を織り込む、ただし絵画の場合も小説の場合もその織り込まれた情報が外側の観客が見ている作品自体と同一性が保証されているかは、定かではない。たぶん、ずれが生じているだろう。ウリベの作品の場合は、鏡の断片があらゆるところに仕掛けてあって、相互索引みたいになっているのだろう。どこまで感じ取ることができるのだろう。
    あと、もう一つ。この作品にはいろんな詩や歌が入り込んでいるのだが、この訳ではカタカナ表記とその翻訳が併記されている。原文表記がない。詩や歌の場合、原文表記が重要だと思うのだけど…訳者金子氏はそれより響きの方が作品理解には必要だとして、不完全なのを承知の上であえてカタカナ表記にしているのだろうか。
    あと、45ページ…

    小さな家への招待状
    というわけで、またもや駆け込み?で「ビルバオーニューヨークービルバオ」を読み終えた。といっても、昨日・今日でまた本買ってるから、未読が増えているのだけど…
    僕らがしなくてはならないのは、家の前を通りがかる人たちを招き入れ、中でもてなすことだ。そこで僕らが差し出せるものが、どれほどわずかであったとしても。
    僕らは、自分たちがもつ伝統はありのままに、それとともに前進していかなくてはならない。ただし、できるだけ多くの人を呼び込みながら。なぜなら、家の空気を入れ替える最善の方法は、窓を開け放つことだからだ。
    そして、花の世話をする時間も確保することを忘れずに。
    (p211)
    これは著者ウリベにしてみれば、バスク語の文学についての決意表面なのだろう。ETA(バスク独立派武装集団)の武装放棄が2011年に発表され(この作品は2008年発表だけど)、ちょうどフランコ派の祖父にフランコ派の新聞を読み聞かせしていた独立派の母方の祖母のように、政治的(あるいはその他もろもろ)な立場は様々違えども、暮らしを共にすることは可能であり、それをバスク語の文学で垣間見ることができるのだ。
    でも、これはバスクには限らない。個々人がそういう態度を貫けるか、他人に語ることができるか、全てはそこからだろう。
    最後は訳者解説から。
    こうした現実と虚構のあいだの曖昧さと、ストーリーの断片性という本作における二つの大きな特徴は、実は深いところで関係し合っている。
    (p228~229)
    (2014 12/31)

  • [ 内容 ]
    主人公キルメン・ウリベは、バスクの中心都市ビルバオから、飛行機でニューヨークへ向けて旅立つ。
    心に浮かんでは消えていく、さまざまな思い出や記憶…。
    祖父の船の名前をめぐる謎。
    スペイン内戦に翻弄されたバスクの画家アウレリオ・アルテタと、ピカソの“ゲルニカ”にまつわる秘話。
    漁師として、ビスケー湾からスコットランド、アフリカ沖、カリブ海へと海を渡り歩いた父や叔父たちのこと。
    移民や亡命者たち。
    そして今書いている小説のこと。
    失われゆく過去を見送りながら、新たな世界へと船出していく、バスク文学の旗手による珠玉の処女小説。

    [ 目次 ]


    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 心地の良い小説だった。妙なてらいがなく、誠実。身の回りの物事、人々が語った物事が積み重なって自然とバスクの世界を表していく。
    過去を振り返っていく物語でありながら、ありがちな現代への恐れみたいなものがなく、その先に未来への出発がある安心感。

    それから、訳者さんが若いですね。僕と5つ違いでバスク語の小説を訳す・・・すごい・・・!

  • バスク人である著者が、自らの血の系譜をたどる旅を描いた自伝的小説。

    魚と樹は似ている・・・から始まる、祖父、父、そして著者自身の物語は、20世紀スペインにおける民族の苦闘の一大絵巻物語として綴られ、読み手はバスク人の心の風景を時間をさかのぼるようにして辿ることになる。

    様々な登場人物、そしてユーモアと皮肉たっぷりに語られる数々のエピソード。
    それらは断片的な人間のドラマを映し出しながらも、ひとつの大きな歴史の流れの中に集約される。

    作中、バスク語の起源をバベルの塔崩壊に遡った記述があり、大変興味深かった。

    今も独立紛争によって、様々な社会問題を抱えたバスク人。
    著者自身の目を通して綴られた、民族の心の軌跡は、主観としての歴史を、現代にリアルさを伴って蘇らせてくれた。
    文学が本質的に持っている表現としての可能性をあらためて感じさせてくれた。


    久々の海外文学だったが、ページをめくる喜びを思い出させてくれた一冊であった。

  • 2013/05/30

全15件中 1 - 10件を表示

キルメン・ウリベの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンナ・カヴァン
リチャード パワ...
アントニオ・タブ...
サルバドール プ...
ジョン・ウィリア...
アレハンドロ サ...
アゴタ クリスト...
ポール オースタ...
ポール・オースタ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ビルバオ-ニューヨーク-ビルバオ (エクス・リブリス)に関連する談話室の質問

ビルバオ-ニューヨーク-ビルバオ (エクス・リブリス)に関連するまとめ

ビルバオ-ニューヨーク-ビルバオ (エクス・リブリス)を本棚に登録しているひと

ツイートする