灯台守の話

制作 : Jeanette Winterson  岸本 佐知子 
  • 白水社
3.93
  • (43)
  • (45)
  • (46)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 330
レビュー : 53
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784560092002

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 数年前にこの作品を知り、迷いなく購入したものの長らく本棚で熟成させてしまっていた1冊。ふとした拍子ではじめの文章を読んでしまってからは、途中で止めることができずに一気読了でした。
    新年早々、いい作品を読了できて大満足!
    訳者の岸本佐知子さんもあとがきに書かれていましたが、灯台での暮らしぶりに魅了されてしまって大変でしたσ(^-^;)
    海のそば、ましてや灯台で暮らしたことなどないのに、この郷愁はなんでしょう。
    後半、シルバーの物語になってからはやや混沌として意味不明な箇所もありましたが、ラストシーンで再び灯台が出てきたので無問題です(*^-゜)b
    内容的には全く異なる作品ですが、『夜の家、昼の家』をわかりやすくした印象でした。

  • 物語のための物語。
    遥か昔の船乗りの話も、バベルもピューもシルバーのお話も
    灯台と灯台守だけが知っている物語。
    過去も現在も未来だって波と一緒に存在してる。
    この宇宙そのものが記憶装置。

    あなたの物語。
    どう話すかは、あなた次第。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「この宇宙そのものが記憶装置」
      ウィンターソンの思いそのものですよね。自ら話を紡ぎながら、宇宙そのものを形作ろうとしているコトに心打たれまし...
      「この宇宙そのものが記憶装置」
      ウィンターソンの思いそのものですよね。自ら話を紡ぎながら、宇宙そのものを形作ろうとしているコトに心打たれました。。。
      2012/10/11
  • 人間は色々なもので自分を構成する。富、出自、名誉、境遇。成してきたこと、これから成すこと。けれども仮に核の部分が空っぽだとしたら、その人にとって、それは何の意味があるだろう。

    主人公のシルバーは自分の核を見失った少女だ。彼女は卵が一直線に転がり落ちるほど斜めに突き立った家で育ち、母親を転落死で亡くした。孤児となった彼女に世間はあまり優しくない。はじめ、世間の代表格のようなミス・ピンチのもとへと送られ、次いで、灯台守のピューのもとに引き取られる。
    シルバーの境遇は傍から見ていると幸福とは言い難い。けれども彼女が語る彼女の物語は魅力的で、そこには痛みとともに常にユーモアが漂う。それは引き取り手のピューが、自分の核を失くした彼女に対して、それを取り戻す方法――“物語ること”を教えたからだろう。

    “わたしは泣き出し、それを聞いてピューは悪いことを言ったと思ったのだろう、わたしの顔に触れて、涙をそっとなぞった。
    「それもまた一つの話だ。自分を物語のように話せば、それもそんなに悪いことではなくなる」”

    堅固な陸と、夜の海とのあいだにあるような小説だと思った。どっしり構える陸は、ゆるぎなく、人生に疑問を差し挟ませない。寄る辺ない海の上では、いつか何処かに流されてしまう。灯台はその中心に存在し、両方を等しく照らす。

    物語るという行為は幸せを約束する切符ではない。それはおそらく港へと戻る道筋を照らす灯台の光そのものだ。シルバーはどこに行っても異分子で、物語はその事実をなかったことにはしてくれない。けれどもそれが照らす光さえあれば、時間を超えて、夜の海にだって漕いでいける。

  • 母親を亡くしたシルバーは灯台守のピューと暮らすことになる。ピューから聞かされるバベル・ダークの物語。二つの物語が時空を越え一つとなるとき、物語は静かに終わる。久しぶりに読後、心が震えた大変素晴らしい作品だった!

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「心が震えた大変素晴らしい作品だった! 」
      ウィンターソンの話は一癖あって、いつもゾクゾクしながら読みます!
      「心が震えた大変素晴らしい作品だった! 」
      ウィンターソンの話は一癖あって、いつもゾクゾクしながら読みます!
      2013/06/28
  • 美しく豊かなイメージがつまった物語だった。

    灯台守に育てられた主人公の孤独な少女と、その灯台誕生に関わった人物の物語と、さらに灯台守と主人公が語る物語が重なりながら、豊かにこの本の世界が出来上がっていく。

    そして文体が何といっても美しく、全てが詩のようにイメージが豊か。あまり詳しく情景と背景は説明されなくとも、その分だけ自由に目の前に現れてくるよう。

    作者は、人間は物語を語る事で救われる、と言っているらしい。登場人物全てが強烈な悲しさや空白を抱えているが、物語の中で世界の美しさ、人の美しさに気づいて、生きて死んでいく。

    時系列も順番でなく、説明もあまりないので、苦手な人は苦手かもしれない。でもよくある気取ったイメージの羅列のような文章ではなく、複雑な世界の有り様を正直に描いたらこうなった、という感じ。近くで見ると意味不明だが遠くから見るとカラフルで広大な世界が書かれていた絵のよう。最初はわけわかんねーと思いながら読んでいたけど、途中でパーンとイメージが広がっていった。

  • MMの読後コメントRSSで興味。

  • スコットランドの辺境に立つ灯台を巡る、二百年の時空を超えた人々の物語。

    冒頭の、主人公の母の死にまつわるエピソードから、これが完全なる「寓話」であることが明らかとなる。
    その後も、時空を行ったり来たりする場面展開の中で、その寓話性、神秘性が高められていく。

    一方で、散りばめられたエピソードの中には、生々しい「痛み」を感じさせるものも多い。

    寓話性と生々しさ。
    そのバランスに妙味があり、独特の優しさと痛切さが小説全体に漂う。
    なんだか不思議な印象を残してくれる物語でした。

  • Sylvia Plathを思い出させる繊細さ。

  • 初読

    自分を物語とする事で人は救われる、
    という事に確かに私も救われたことはあったのだ。
    そういう意味では、今は私はこの小説を読むのにジャストなタイミングではなくて
    それが少々残念というか勿体無いというか。

    豆料理が全部床に落ちてしまうような斜めになった家に住む幻想的なシルバーの始まりと
    恋に落ちた女性が処女じゃないかも?というあまりに世俗的な猜疑心に陥るダークと。
    時間が隔りと現実感と非現実感が
    概念としての存在のようなピューを介して交差する2人

    訳者あとがきにあるジャネット・ウィターソンの人生も興味深い…

  • 美しい。ここ最近のベストの一冊。生きるとは、物語ることであり愛であり灯台であり。灯台の照らす一条の光であり。

全53件中 1 - 10件を表示

灯台守の話のその他の作品

灯台守の話 (白水Uブックス175) 新書 灯台守の話 (白水Uブックス175) ジャネット・ウィンターソン

ジャネット・ウィンターソンの作品

灯台守の話を本棚に登録しているひと

ツイートする