評伝 鶴屋南北(全2巻・分売不可)

著者 :
  • 白水社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (1630ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784560096239

作品紹介・あらすじ

江戸歌舞伎の発展と成熟に多大な業績を残した狂言作者の生涯と作品を、第一人者が半生を賭し、同時代の人間模様と共に描く渾身の大作。

著者プロフィール

早稲田大学演劇科卒業。早稲田大学教授、東京大学教授を経て、現在東京大学名誉教授。専攻は演劇学・舞踊学。主な著書に『歌舞伎―問いかけの文学』(ぺりかん社)『新版舞踊手帖』(新書館)『歌舞伎入門』(岩波書店)などがある。

「2018年 『かぶきわらしの義経千本桜』 で使われていた紹介文から引用しています。」

古井戸秀夫の作品

評伝 鶴屋南北(全2巻・分売不可)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする