バッコスの信女―ホルスタインの雌

著者 :
  • 白水社
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784560097724

作品紹介・あらすじ

エウリピデスのギリシャ悲劇を大胆に咀嚼! 主婦、獣人、乳牛の霊魂たちの合唱隊が猛烈に舞い踊る「会話劇」。『妖精の問題』を併録。第64回岸田國士戯曲賞受賞作品

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 今までに読んだ戯曲で1番面白かった 上演が見たい..

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1988年9月27日生まれ。福岡県北九州市出身。桜美林大学卒業。2011年、戯曲『虫』で第11回AAF戯曲賞受賞。2013年、フェスティバル/トーキョー公募プログラム選出『いのちのちQ Ⅱ』上演。2017年、『毛美子不毛話』が第61回岸田國士戯曲賞最終候補。同年、韓国ソウルマージナルシアターフェスティバル公式プログラム招聘『毛美子不毛話』上演。2018年、KYOTO EXPERIMENT公式プロブラム招聘。韓国香港日本共同制作『私とセーラームーンの地下鉄旅行』。2019年、あいちトリエンナーレ2019のパフォーミングアーツ部門に『バッコスの信女 ― ホルスタインの雌』を出品。

「2020年 『バッコスの信女―ホルスタインの雌』 で使われていた紹介文から引用しています。」

市原佐都子の作品

バッコスの信女―ホルスタインの雌を本棚に登録しているひと

ツイートする