アール・ブリュット (文庫クセジュ)

  • 白水社
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (150ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784560510292

作品紹介・あらすじ

鑑賞されることを目的としない生の芸術

 近年、アール・ブリュットの作品を展示する場が増えている。アール・ブリュットに特化した展覧会はもちろん、ベネチア・ビエンナーレ国際美術展でも紹介された。フランスでは、日本の作家を紹介する「アール・ブリュット・ジャポネ」が、二度にわたって開催されている。はたしてアール・ブリュットとはどういったものなのか。
 本書は、「アール・ブリュットを巡る考察集団」の創立メンバーで、臨床心理士・ラカン派の精神分析家である著者が、その起源(第一章)、提唱者ジャン=デュビュッフェ(第二章)、定義(第三章)、概念がどう発展したか(第四章)、作品の素材やかたち(第五章)、愛好家やコレクターの心理(第六章)、近年のブーム(第七章)、作品を扱う美術館やギャラリー(第八章)、現代アートとの対話(第九章)など、さまざまな切り口で概説する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  「本書で、私が読者に示そうとするのは、アール・ブリュットの隠された世界に光を当てること、何がアール・ブリュットで、何がそうではないかについて、シンプルでわかりやすい境界設定をすることである」。と著者が書いた通りの良質な本。アール・ブリュットに関して知りたいとき、初めて読むべき本であると思う。
     
     著者はアール・ブリュットの概念が生まれ、どのようにして定義され、発展し、こんにちに至っているかを、デュビュッフェの著作や思想を適宜引用し批判も加えながら紹介している。
     とくに分かりやすいのが「何がアール・ブリュットで、何がそうではないかについて」、丹念に説明している点。例えば、計画性がない、社会的また精神的に孤立している、身近な材料だけ用いる、発展性がなく繰り返しが多用されるなどといった特徴によってアール・ブリュットという概念についての輪郭が形作られるとともに、素朴派の芸術・芸術療法などはアール・ブリュットとどのように違うのかを端的に書いている。著者によると、素朴派の代表格であるアンリ・ルソーはサロンに出品し大家になることを目的としていたので、アール・ブリュットではない。また、著者は名前を挙げていないものの、芸術療法がもとで有名になった日本の画家山下清は、アール・ブリュットに当てはまらないだろう。確かにアール・ブリュット的な匂いはあるとはいえ、それは厳密には違うのだという。
     
     では著者のいう「アール・ブリュットの隠された世界」とは一体なんなのか。著者はラカン派の精神分析家なのでラカンの理論によって適格に説明されている。もちろん、訳者のあとがきを読んだりすれば問題なく理解できるレベルの理論しか使われていない。ラカンを知らなくても読める。単純にいえば、アール・ブリュットのというのは、作家たちが精神を崩壊させてしまわないように、狂気や作品の創作に向かう行為のことである。作品を作っている限り、作家は精神が完全にぶっ壊れてしまうことがない。作品を作っている限りでは我々のような狂気におかされていない人間と作品を介して接点を持つことができる。作品を見たり、作品とものを交換したり、作品があるから廃人にならずに済んでいたり。言い換えれば、作品を創作することで社会生活を営むことができるのである。
     アールブリュットの作品には、作家の精神がむき出しでほとばしっていると言える。だからこそ精神に問題を抱えていない私たちにとっては、きわまてギョッと驚くも出会ったり、想像を超えていたり、おぞましさすら感じられるのではないだろうか。デュビュッフェはそういうところを本当の芸術なのだと言っていて、私はこの本を読んでその意味合いがようやくわかりかけてきた気がする。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

臨床心理士、精神分析家。「アール・ブリュットを巡る考察集団」の創立メンバー。パリ第8大学の造形美術部門を中心に講義を行なっている。ジャック=アラン・ミレールが指揮するl’Instant de voirに勤務。

「2019年 『アール・ブリュット』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西尾彰泰の作品

ツイートする