同居生活 (ライムブックス リ 1-16)

制作 : 平林 祥 
  • 原書房
3.68
  • (6)
  • (14)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 79
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (486ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784562043590

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ヴィクトリア朝ロンドン。夫の死から三年、喪も明けたホリーは舞踏会に出席するが、とても楽しめる気になれず、帰ろうとしたところを人間違いで捕まり、ある男性とキスをしてしまう。彼ザッカリーは、評判の良くない実業家だった。ザッカリーが彼と彼の家族のための家庭教師をホリーに依頼してきた。彼の目的は?
    まずこのタイトルはねーだろー……とだれしもが思うだろう。なんじゃこの固い、しかも内容を表さないタイトル……。ホリーは四歳の娘を抱えて、ザッカリー宅に住み込むことになるのですが、ザッカリーの娘への猫かわいがりっぷりがたまらん。まー、好きな人にそっくりの四歳児って、そりゃー可愛いわな。これが相手にそっくりだったら反応違うんかなとか思わずにはいられないけど。ザッカリーの妹も可愛い&けなげでぐー。後半の、死にゆく夫との誓いとか、仕掛けがなかなか上手いなあと思いました。

  • 元拳闘士のザッカリーと、未亡人のホリーの物語。
    ザッカリーは庶民の出で成り上がってきた大富豪。
    ホリーは夫を亡くした悲しみを、未だ抱えた一児の母。

    ザッカリー、放蕩者の部類になるんでしょうが、すごくいい。
    意地悪言わないし、強引ではあるけど無理強いしないし。
    ホリーに礼儀作法の教えを請うのだけど、放蕩者でもろくでなしじゃないし、むしろ紳士だと思った。
    勢いにまかせてホリーを抱くチャンスもあるけれど、そうしたらホリーが罪悪感と後悔に苛まれ、自分から去ってしまうことを見抜いてる。
    忍耐強いし、ホリーの娘のローズにも素敵な対応するし、素晴らしい男性。

    後半、二人が式をあげてからも、ページが妙に残ってるので、一体何があるのかと思ってたら、まさかあんな事があるなんて。
    最後はスッキリするし、素敵なカップルで本当に読後感が良い。
    ホリーもいいけど、ザッカリーが素晴らしかった。
    ☆4つ。

  • 成り上がり平民ヒーロー * 貴婦人未亡人
    漫画の方がすっきりしていたかも
    ヒーローもヒロインも勇気があってハッピーエンド♥ 子供がかわいい♪

  • まあまあだった気もするんだけど、何故か再読する気にならず。

  • 図書館の本

    内容(「BOOK」データベースより)
    19世紀のロンドン。3年ぶりに出席した舞踏会にとまどうホリー。明かりの消えた応接間に足を踏み入れた時、目の前に現れた背の高い男性に突然唇を奪われた。人違いと気付いても、彼は彼女を抱き寄せたままで…。その夜から落ち着かない日々を送っていたホリーのもとに、面識のない実業家ザッカリーからお茶会への招待状が届く。貴族からは成り上がりと蔑まれているが英国一の影響力を持つという彼に興味をひかれ、ホリーは招待をうける。すると、彼女を待っていたのは舞踏会で出会ったあの男性だった。驚くホリーに彼から思いがけない申し出が。住み込みの礼儀作法の家庭教師になってほしいというのだ。親族からは反対されるが、自分で人生を切り開くため、彼女はその申し出を引き受けた。そしてひとつ屋根の下で始まった生活は…。微笑みと優しさにあふれる、癒しのロマンス。

    ボタンの好きな女の子。女の子のお茶会の相手が出来る男性はそうそういるものではないと思う。
    リジーのロマンスももうちょっとあってもよかったのにぃと思うのですが。
    ホリーがいい子すぎてね、ちょっと飽きる場面もあり。
    ザッカリーの一途さは素敵だったなぁ。

    Where dreams begin

  • 私が初めて読んだロマンス小説。個人的に思い出深いですね。
    貴族の未亡人が野心的な事業家と関わりながら、それぞれ変わっていく様が面白い。
    世間知らずな未亡人が自我に目覚めるところとか、粗野で野心的な事業家が人を思いやるようになるところが印象的。
    話はその二人だけではなく、ヒロインの元夫やその周辺の人、ヒーローの母と妹など様々な思惑があり、二人の恋はまっすぐには進まない。でもちゃんとゴールがあって、感動的です。
    ただ一つ文句をつけるとしたら、タイトルのセンスが??
    原題「Where Dreams Begin」を活かす形にはできなかったのかしら。

  • …レイヴンヒル伯爵→ジョージでBL風味な妄想してみたり(笑)。

  •  子爵の未亡人ホリーと拳闘家上がりの実業家ザッカリーが織りなすやるせない身分違いの恋物語。ヒストリカルでしか味わえないよね。
     最後はめでたしめでたしだけど、そこに至るまで気をもむのが醍醐味。

  • ★4つに近いランクです。リサには少し珍しい普通に貴族の奥さましていたヒロインの
    ロマンスです。ヒーローは上昇志向の平民の大富豪。容姿はそこそこですが、
    相変わらずこの作者のヒーローは魅力的。

全10件中 1 - 10件を表示

リサ・クレイパスの作品

ツイートする