リデルハート戦略論 間接的アプローチ 上

制作 : 市川良一 
  • 原書房
3.77
  • (2)
  • (6)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 113
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784562045501

作品紹介・あらすじ

紀元前五世紀から二十世紀まで、軍事的に重要な世界の戦争を鮮やかに分析して構築した「間接的アプローチ理論」のすべて。クラウゼヴィッツ『戦争論』と並び称される二十世紀の戦争学・戦略学の名著。上巻では紀元前から第一次世界大戦以前までの戦いを扱う。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイトルは面白そうだが、内容が難解すぎて挫折。孫子のように単純化して要点だけ書いてくれると分かりやすいのだが・・・。軍事マニアなら楽しめるかもしれない。

  • 久しぶりに読み応えあり

  • 軍事学に興味ある人は、避けられない本だと思います

  • 著者のクラウゼヴィッツに対する強烈な反論、それが「間接アプローチ戦略」です。著者は過去2000年の戦史を解説しながら、スマートな戦略理論を提示します。本書の所々にクラウゼヴィッツへの怨念が感じられる記述があります。

  • 著名な戦争を取り上げて、有史以来戦争で勝った場合は間接的アプローチをうまく使った場合だとまとめている。

全6件中 1 - 6件を表示

B・H・リデルハートの作品

リデルハート戦略論 間接的アプローチ 上を本棚に登録しているひと

ツイートする