チェ・ゲバラ革命日記

  • 原書房
3.33
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (518ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784562047888

作品紹介・あらすじ

キューバ革命時代の最後の未公開日記ついに刊行。当時の未公開写真と自筆原稿も収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 彼のことを一切知らずに読む本じゃなかった。
    他の本を読んでみたくなったので良かったことに。

  • アルゼンチン人にしてキューバ革命の戦士、チェ・ゲバラの革命遂行中の日記をまとめたもの。
    なんか革命とか聞くと悲壮感漂う勇壮なものを想像するが、キューバ革命なのでラテンのノリだ。ゲバラの文体によるのかもしれないが、明るく時に脳天気な雰囲気を感じる。山野を行軍し、牛を1頭食べたり(とにかく食べることの記述が多い)、スパイを捕まえたり仲間に逃げられたり。ただ、さりげなく「〜が死んだ」とか「殺した」なんて書かれているので、決して面白おかしかったわけでないことはわかる。
    キューバ革命のアウトラインとか主要人物などの予備知識なく読んだので、正直わからないことも多かった。

  • 革命の記録、という意味よりも、本当に、日記です。どこで何をした、ぜんそくがひどくなった、豚をもらって食べた、なんていう。ただ、密告で襲撃された、だとか、兵士が新しく参加した、死んだ、殺した、ということも。

    革命の日々の、それでも何かリラックスした風でもある日記。

    マニアなら、この日記から革命のプロセスが浮かぶのだろうか。自分とは違う「日記」に思いを馳せてみたい、と頑張ってみたけど、文字を追うばかり。ゲバラマニア向け。

  • 【新刊情報】チェ・ゲバラ革命日記 289.3/ゲ http://tinyurl.com/83xypcd キューバ革命前夜の状況を生々しく綴った、チェ・ゲバラの最後の未公開日記をまとめる。40ページに及ぶ写真、ゲバラの手紙、人名録、人名索引なども収録。 #安城

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1928アルゼンチンに生まれる
1956旅先のメキシコで、亡命中のフィデル・カストロと出会う
誘われて、キューバ解放の武力闘争に参加
1959キューバ革命勝利。キューバの市民権を授与される国立銀行総裁な
ど、経済関係の重要閣僚に就任
他方、経済使節団団長として各国歴訪
また、ゲリラ戦争論を含めた解放闘争論、社会主義経済建設論、
「新しい人間」論など広い分野で積極的に発言を行なう
1965友邦=ソ連を批判して後、キューバを出国
1966コンゴでの国際主義的活動に従事
1967ボリビアでのゲリラ闘争中に捕われて、銃殺される

「2010年 『マルクス=エンゲルス素描』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エルネスト・チェ・ゲバラの作品

ツイートする