2018本格ミステリ・ベスト10

  • 原書房
3.75
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (177ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784562054619

作品紹介・あらすじ

特集は「新本格」30周年記念三世代座談会は法月倫太郎・三津田信三・青崎有吾。さらにドラマ化で話題の大倉崇裕(警視庁いきもの係)インタビューと盛りだくさん。もちろん国内・海外ランキング、作家の近況コーナーも充実、情報満載!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ベスト30で既読は、『悪魔を憐れむ』『ダブル・ミステリ』『探偵さえいなければ』の3冊。『探偵が早すぎる』は購入済み。
    ダントツの1位ということで、『屍人荘の殺人』は是非読みたい。
    他にも、『双蛇密室』『ホワイトラビット』『マツリカ・マトリョシカ』『巨大幽霊マンモス事件』は読みたい。
    20位以下も、詠坂雄二、石持浅海、天祢涼と好きな作家の作品がランクインしていて、個人的に気になる作品が多かった。

  • 屍人荘一人勝ち

     五位ブルーローズ、八位ホワイトラビット、二十六位かがみの孤城かぁ。ま、そんなところなんだろうなぁ。他に読んでみたいと思う本をみつけられなかったのが、少し残念だ。

全2件中 1 - 2件を表示

探偵小説研究会の作品

ツイートする