聖夜の罪はカラメル・ラテ (コージーブックス)

制作 : Cleo Coyle  小川 敏子 
  • 原書房
3.43
  • (0)
  • (6)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 63
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (522ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784562060344

作品紹介・あらすじ

クリスマス目前。毎週のように開催されるセレブたちのクッキー交換パーティで、
クリスマス限定クッキーを配る女性ベーカーが殺害された。
第一発見者はクレア。
パーティで新作ラテをサービスしていた彼女は、被害者を救える手立てがあったのではと自分を責めずにはいられなかった。
さらにニューヨークを吹雪が襲い、恋人マイクが乗った飛行機が海で墜落したという報せが舞いこんできて……!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • うん。最近のコージーとしてはミステリ部分がお座なりでないのはいいんだけど、やっぱり時々クレアにはイラっとさせられるw
    それにしても実にクリスマスっぽい話だったなぁ。O・ヘンリー出したとことか、犯人の動機に対する説教臭さとか。きちんとシーズンに読めばよかった。

  • コーヒー中毒が抜けなくてまた読んでしまった。
    人物像や事件とかにはもうあまり興味なくて出てくる地名とかをグーグルマップで検索したりそっちが楽しくなってきた。後ろに載ってるレシピは材料からして手に入らないものばかりやし。
    あと期待できるのは娘と刑事の恋物語くらいですかね。

    それと気になったのは誤植の多さ。ちょっと多すぎるよ。

  •  マンハッタンのコーヒーハウス「ビレッジブレンド」のマネージャー、クレアを主人公としたコージー・ミステリ「コクと深みの名推理」シリーズ、第12弾。
     クリスマスのクッキー交換パーティの最中(さなか)に起きた殺人事件。
     冒険めいた謎解き過程は乱雑な印象だが、被害者の素性と生い立ちに想いを馳せるヒロインの感慨は切ない。
     キャラクターの軽妙な会話を楽しむ、手軽なミステリシリーズとしては読み易い作品。
     巻末のレシピ集がボリュームたっぷりで、おまけ以上のお得感がある。

  • シリーズ第12弾。
    こんなに長く続くとはなあ。
    典型的なコージーなわりにはミステリがしっかりめなのが、読み続けられる理由だな。(失礼)

    ただ今回は、えらい詰め込んだなー、という印象。
    ハラハラ感が増したのは良いことなんだが、これだけのページ数で書いてくれても、そういう印象を持ってしまうほど。
    なので、もったいない感じを抱かないでもないんだが、殺された彼女をもっと書いてあげたかったのかもしれんなあ、とな。

    また次作が待っているのは、素直に嬉しい。

  • Mに対するビレッジブレンドのみんなの想いがあったかくて、優しくて切ない。

全5件中 1 - 5件を表示

クレオ・コイルの作品

ツイートする