休暇のシェフは故郷へ帰る (コージーブックス)

制作 : Julie Hyzy  赤尾 秀子 
  • 原書房 (2018年1月11日発売)
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :25
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (377ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784562060757

作品紹介・あらすじ

大人気! アンソニー賞、バリー賞、ラヴィー賞に輝いた
ミステリ界で話題のコージー・ミステリシリーズ第6弾!

父を殺したのは誰――? ホワイトハウスの厨房を離れたつかの間の休息。しかしオリーを待っていたのは長年封印されてきた家族の過去だった!

夏の休暇で、恋人といっしょに実家へ帰省したオリー。でも母の口から、幼い頃に亡くした父の死について意外な真相を明かされ、和やかな休日は一変。銃で殺されたうえに犯人もまだ捕まっていないなんて! 戸惑いながらも、オリーは父への愛を力に、未解決の事件に踏みこむ決意をする。一方、ホワイトハウスでも予想外の事態が。夏休み中の大統領の息子ジョシュアに料理を教えることになったまではよかったものの、オリーだけで参加するはずだったフード・エキスポにジョシュアがどうしても行きたいと言ってゆずらない。やむなくオリーたちは変装し、大勢の人でごった返す会場へと向かうが――!?

休暇のシェフは故郷へ帰る (コージーブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今回はギャヴと共に過去の事件、オリーの父親の死の真相に迫る。

    共に事件に巻き込まれてから、少しずつ変わってきたサージェントとの関係性が面白い。
    今回はそのサージェントにビックリな展開が。

    英語版はあと3冊。
    ギャヴとも進展してますます楽しみです。

全1件中 1 - 1件を表示

ジュリー・ハイジーの作品

ツイートする