おいもをどうぞ!

  • ひかりのくに
3.95
  • (12)
  • (15)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 137
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784564018169

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 30年度 1-3
    10分

  • ぐるりとおいもが一巡.みんなの優しさが,やさしい絵にぴったり.

  • 動物さんたちが、おいもを次々とお裾分けしていく心温まるお話。「どうぞ」「ありがとう」のやり取りを読んでいると自然と優しい気持ちになっていく。
    たぬきさんがお裾分けをもらうシーンで、息子が「どうじょ~」と言って、たぬきさんにおいもを食べさせるふりをしていてちょっと驚いた。今まで自分が食べるかこちらに食べさせるかだけで、絵本の中の登場人物にどうぞしたのは初めて。息子の「どうぞ」の輪が家族から徐々に外へ広がっていて嬉しい。2歳1ヶ月。

  • くまさんは沢山のおいもの山から半分をお隣に住んでいるブタさんにあげました。ブタさんはもらったおいもの半分をお隣さんのたぬきさんに、たぬきさんももらったおいもの半分をお隣さんに…。みんなが幸せのおすそ分けをして、みんなが嬉しくなりました。

  • [墨田区図書館]

    いもとようこ特有のかわいらしいお話。
    みんながどうぞどうぞとおすそ分けを繰り返したら…?
    ちょっと算数的な要素も入っている?本なので6歳の息子には最後におうちの配置をクイズ!
    ちゃんと答えられてほっと半分、感心半分でした。

  • おすそ分けの気持ちに心温まります。

  • 先日、お芋堀に行きました。
    今日は、そのお芋でクッキングの日です。

    焼き芋もしました。
    その待ち時間に読みました。

    くまさんの畑でたくさん、お芋がとれたので
    お隣におすそ分け!!
    次々におすそ分けして、
    最後にくまさんのおうちにも
    おすそわけが届くという、
    ほのぼのあったかいお話なんでしょう!!

  • 保育所で借りてきた本。
    私が子供の頃も読んだと思うし、お姉ちゃんの道徳の授業の題材になってた。
    どの動物もおいもをおすそ分けしようって思ってる顔がうれしそうでいい表情。
    いもとようこさんの温かみのある絵がさらにほっこりさせてくれます。

  • くまさんの畑でおいもがどっさり取れたので、くまさんは半分をお隣のぶたさんにおすそ分け。
    ぶたさんはこんなにたくさん食べきれないし、お隣のたぬきさんはおいもが好きなのでもらった半分をおすそ分け。
    たぬきさんはこんなにたくさん食べきれないし、お隣のうさぎさんはおいもが好きなのでもらった半分をおすそ分け。
    うさぎさんはこんなにたくさん食べきれないし、お隣のねこさんはおいもが好きなのでもらった半分をおすそ分け。
    ねこさんはこんなにたくさん食べきれないし、お隣のねずみさんはおいもが好きなので2つもらったうちの1つをおすそ分け。
    ねずみさんはこんなにたくさん食べきれないし、お隣のくまさんはおいもが好きなのでもらった1つを半分にしておすそ分け。
    とっても小さなおいもだけれど、もらったくまさんはにににこ。
    実は森のみんなの家はぐるっと円になっていたのでした。

    半分の半分の半分の半分の…。
    だんだん少なくなっていくけれど、逆に優しい気持ちは増えていく。

    最初においうもはいくつあったでしょう、と少し考えさせる文章も。
    くまさんが収穫したのは32個。

  • 原作がある、いもとようこさんの絵本。

    友情が、グルっと回って友達の輪になるといったキーワードで作られている。

    幼い子供から大人までが読めるいい絵本だと思う。

全23件中 1 - 10件を表示

柴野民三の作品

おいもをどうぞ!を本棚に登録しているひと

ツイートする