ぼくはおこった (児童図書館・絵本の部屋)

制作 : Hiawyn Oram  きたむら さとし 
  • 評論社
3.65
  • (22)
  • (22)
  • (43)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 214
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784566003637

作品紹介・あらすじ

アーサーがおこると雷がなり嵐がきて町が-!?まだおこっていると地球がわれ月も星も-!?マザーグース賞受賞。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • どこまでも広げて考えた時、少し大人になる

  • 4年生で、「ないた」とどっちにする?と聞いたら、1つのクラスではこちら。もう1つのクラスでは「ないた」のリクエストでした。
    限度を越えない最近の子も、まだまだ・・・と怒り続ける子にすっきりするのでしょうか?
    私は気づかず読んだのですが、全ページに猫がいる。と教えてもらいました。子どもはよく見ていますね。

  • アーサーがお母さんに怒られ、家を街を地球を宇宙を壊す話

  • 魅力的な絵と、スケールもインパクトも大きいストーリーだけで、充分に楽しめる絵本なんだけど、怒りについての示唆がなにげに鋭い。

  • 2014年読了

  • 娘4歳5ヶ月、息子1歳8ヶ月時、図書館にて借り

    「ママみたーい!」
    「あたしもおこるとこうかもー!!」

    だそうです。

  • 夏休み

  • ひとりぼっち。

  • アーサーがおこっておこって、地球を木っ端微塵にするほどおこって、発散させて、すっかり忘れて寝る話

    …とかあらすじにしちゃうと、はぁ?って感じだが、怒りの表現がすごく素敵。
    絵もかわいい!

  • おかあさんに注意された子どもが猛烈に怒ります。
    怒り方があまりにも激しくて、そしてかわいくて笑えます。
    私もこのくらい怒ってみたいなあ。きっとスカっとすることでしょうね

全37件中 1 - 10件を表示

ぼくはおこった (児童図書館・絵本の部屋)のその他の作品

ぼくはおこった 大型本 ぼくはおこった ハーウィン・オラム

ハーウィン・オラムの作品

ツイートする