こわいい動物 (ロアルド・ダールコレクション 14)

  • 評論社
3.42
  • (10)
  • (5)
  • (31)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 182
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (85ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784566014237

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 原著から読んだのですが、言葉あそびたっぷりの詩なので、物語に比べてちょっと読みづらかったのです…。
    なので、日本語で改めて読み直してみました。

    翻訳のおもしろさと難しさが両方味わえて、原著と読み比べる楽しさを改めて味わうことができました。
    原題の"Dirty Beasts"を"こわいい動物"と訳していて、一見少しかわいい感じ…だけど内容はかなりブラック。
    それを、クェンティン・ブレイクのコミカルな挿画が中和してくれてちょうどいい感じにニヤリと笑えます。
    全編カラーなのもうれしいです。

  • 人間を簡単に食っちゃう怖~い動物たちの気ままな楽しい絵本。
    読んでると元気になる、かも。

    (2007-01-13読了)

  • 最高だ。とにかく最高だ

  • 黒くて面白かった。
    最後は食べられるのが多かった。

  • この本には、ブタ、ワニ、ライオン、サソリ、アリクイ、ハリネズミ、牛、カエルとカタツムリ、おなかのかいぶつがあります。この中で、一番のお勧めの話は、ハリネズミです。おもしろかったです

  • 動物をテーマにしたダールのナンセンス詩。ダールらしさ満載、クェンティン・ブレイクの挿し絵も最高。この二人がタグを組んだら間違いないな。
    こういう本は、訳者の苦労がよくわかる。

    図書館の丑年特集のコーナーにあったんだけど、それはどうかなぁ、安易なチョイスのような気が?

  • 英語の、韻を踏んだ言葉遊び(「ライム」っていうのね。ラップでのあれと同じ!)で書かれていて、そこがこの本の醍醐味だから、訳者のくふうがすごいなーと思いながら読んだ。
    子どもだからフワフワとした可愛らしいもの、もしくは正しく生きよう的なお説教なんてとんと無縁。ブラックで、ちょっと意地悪で、だから私はダールさんの本が好きだ。

  • これも動物たちの逆襲ってーか…油断してたら食われるぞお前っていう…。
    クェンティン・ブレイクの挿絵が最高潮にいい仕事してる…怖い…。
    だからこそ、ラストの「おなかのかいぶつ」のオチにはゾゾゾとなる…それがダール節…。

  • 児童小説。動物。短編集。
    韻を踏んでいるのが特徴的。
    原文はどんな感じなのだろう。気になる。

  • 動物のライムを集めた。上品ではないし、きれいではない。独特な訳で引きつけられる。ダール!という感じ。

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ロアルド・ダール(Roald Dahl)
1916年9月13日 - 1990年11月23日
イギリス・ウェールズのカーディフにて、ノルウェー移民の両親のもとに生まれた。第二次大戦中にイギリス空軍エースパイロットとして活躍するが、事故で重傷を負う。その時代の逸話をもとに、作家デビュー。ブラックユーモアあふれる短編小説、児童文学の書き手となった。
代表作に、『チョコレート工場の秘密』。ティム・バートン監督にジョニー・デップ主演で『チャーリーとチョコレート工場』として映画化された。他にも『父さんギツネバンザイ』などがあり、『ファンタスティック Mr.FOX』として映画化された。

ロアルド・ダールの作品

ツイートする
×